日刊大衆TOP トレンド

ついつい通ってしまう…立ち食いそば「魔性の秘密100」 vol.05

[週刊大衆03月03日号]

位 メニュー名
理由&うんちく

1 かき揚げ(108)
天ぷらの中でも揚げるのが難しいかき揚げは、店のレベルを計るバロメーター。
永遠の定番が堂々の1位!

2 天玉(56)
前半はツユで天ぷらを、後半は崩した黄身に絡め、すき焼き風に食べたい。
ちなみに玉子の平均価格は50円

3 コロッケ(43)
コロッケそば発祥は銀座『そば処よし田』といわれているが、実はコロッケではなく「鶏しんじょ」だった

4 きつね(42)
関東ではきつねが油揚げで、たぬきが天かす。
だが、関西ではきつねとは油揚げが乗ったうどんのこと

5 肉(40)
通常は豚肉を乗せたものを肉そばというが、関西では牛。
山形では鶏肉を乗せた、冷たい鶏ダシのそば

6 山菜(37)
かけでは寂しいときに嬉しい名脇役。独特の風味がある山菜は、ツユが濃いめの立ち食いそばに合う

7 月見(32)
月見と言えば生卵だが、最近は食べるときにツユが薄まらないように、温泉玉子を使う店が増えている

8 たぬき(28)
天かすと揚げ玉があるが、揚げ玉より、他の素材の風味が移っている天かすのほうが美味しいとの意見多し

9 もり(24)
一般のそば店では、もりよりも、ざるのほうが高級とされるが、立ち食いそばの場合は明確な区別はない

10 いか天(19)
身を揚げたいか天も人気だが、ボリュームのあるげそ天も、立ち食いそばでは隠れた人気メニューの一つ


街頭で500人に聞いた「よく行くチェーン店はここ!」

位 チェーン
店舗の特徴など

1 小諸そば(171)
ゆで麺が常識だった時代に、生麺を使うことで大人気に。
ツユも上品な味で、若い女性にもファンが多い

2 名代富士そば(121)
立ち食いそばの代名詞とも言える同店は昭和47年創業。
一号店は東京・渋谷109店で、現在も人気を誇っている

3 ゆで太郎(45)
なんと店内で製麺をするこだわりの味が人気。
頻繁に配っている無料トッピングクーポンも評判がいい

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.