日刊大衆TOP コラム

編集部ガチ体験 AGA治療でフサフサ日記 第14回

編集部ガチ体験 AGA治療でフサフサ日記 第14回

もっと画像を見る

45歳、妻子持ち、当サイト編集部員。家族にも仕事にも恵まれたが、ただひとつ、髪の毛にだけは恵まれなかった…。俺の髪は、このままどんどん薄くなってしまうのか? いや、あきらめちゃいけないんだ!! 決心した男の髪の毛を取り戻すための闘いが今始まるーー。アラフィフど真ん中のサラリーマンSが送る魂の「AGA治療」実践ルポ。ストップ・ザ・AGA!!

採血された後、カウンセラーに訪ねたところ、男性ホルモンの作用というのは、ヒゲが濃くなったり、抜け毛が増えたりする程度しかないという。

そんな"AGAの大敵"である男性ホルモンを減らすための内服薬、フィナステルドをひと月飲み続けてきたわけだが…男性ホルモンが減ることで、男性機能が衰えたりはしないのだろうか? 気になったので聞いてみた。

「性欲が減退したという方は、まれにいらっしゃいますが、副作用のパーセンテージとしてはごく少数です。薬のガイドブックの副作用報告にも『飲むことによって性欲が減退することもある』ということは載ってるぐらいなんで、1%以上はあると思うんですよ。でも、飲み薬を飲んで、まれに胃が痛くなることがあるのと同程度のレベルの話です。別にSさんは性欲減退してないですよね?」

確かに性欲は減っていない。それどころか、これまでのように週に何度も午前様の生活を改め、私が早く家に帰るようになったものだから、恥ずかしながら夜のほうも含めて夫婦仲が復活してきたぐらいだ。

それにしても、AGAの治療に伴って生活習慣を改めようと決意してからというもの、いいこと尽くしだ。前回(第13回)も書いたが、5kgの減量に成功したからはまず体が軽くなった。以前は、夜中に足がだるくて眠れないことがよくあったのだが、最近はそれがなくなった。今思えば、あれは糖尿の前兆だったのではないだろうか?

なにしろ、それまでの私の食生活ときたら、本当にひどかった。夜は飲みに行き、シメは必ずラーメン。しかも単なるラーメンではなく、ボリュームが尋常じゃないことで知られる『ラーメン二郎』でシメていたのである。二郎じゃない日はステーキを食べる日もあった。

飲んだ後に、よく食べられたとお思いかもしれないが、私は酒を飲んでいるとき、ツマミの類を一切口にしない。なぜなら、食べ物を摂ると酒が入らなくなるからだ。だから、いつも「メシは飲み終わってから食えばいいじゃん」と思っていたのだ。それだけに、酒を飲んだ後は当たり前に腹が減って仕方がなく、必然的に二郎に足が向いていたのだ。また酔っ払っているため、シメで食べるラーメンもあっさり系じゃなく、二郎ぐらい濃くないと、味がわからないということもあったのだが…(苦笑)。

別に無頼を気取っていたわけでもないのだが、40代半ばの男の食生活としては、問題があるにも程がある。今考えると、恐ろしい話である…。

(次回に続く)

編集者が送る ガチの育毛プロジェクト ブログ

 

 

ヒルズタワークリニック
URL:http://www.htc-aga.jp/
診断時間10:00~23:00(完全予約制)
専門の男性スタッフが対応24時間365日相談無料
お電話:0120-36-9696

編集部ガチ体験 AGA治療でフサフサ日記 第14回

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.