日刊大衆TOP 芸能

ミスター&原監督が青ざめた!ゴジラ松井「巨人監督辞退」仰天内幕

[週刊大衆03月03日号]

松井秀喜臨時コーチ(39)の一挙手一投足に沸いた巨人の宮崎キャンプ。終盤には長嶋茂雄終身名誉監督の訪問もあり、大盛況で幕を閉じた。
「ミスター、原辰徳監督、松井の豪華3ショットは、昨年5月の国民栄誉賞受賞式以来。3人が見守る紅白戦では、選手も一段と気合いが入っているようでした」(球団関係者)

新旧巨人の顔が揃ったことで、噂される松井氏の巨人監督就任が既定路線であることを世間に印象づけたが、実はここにきて、監督就任話に暗雲が立ち込めているという。
「完全に外堀を埋められているのに、松井本人はいまだに監督就任の話について明言を避けて、はぐらかし続けています。最初は、巨人で現役を終えた選手ではない松井氏なりの気の遣い方だと思われていましたが、どうも様子がおかしいんです」(スポーツ紙デスク)

松井氏が迷う大きな理由の一つとして、妻と子供の存在がある。
「夫人は極度のマスコミ嫌いで、いまだに公の場に出たことがありません。長男もまだ1歳になったばかり。夫人はプライベートが守れなくなるのを嫌がって、日本に来ることを渋っているようです」(前同)

だが、現在、松井氏が躊躇しているのは、夫人の意向以上に本人の気持ちの部分が大きいという。
「松井は、監督就任が現実味を帯びるにしたがって、親しい関係者に"自信がない。失敗が怖い"と本音を漏らしているそうです。これがミスターを含む巨人首脳の耳に入って、みんな青ざめたとか」(同)

常勝集団を背負うプレッシャーを物語るようだが、松井氏に近い人物はこの弱気発言を「松井らしい」と一笑にふす。
「もともと優柔不断なタイプですからね。女優の戸田奈穂と破局したのもそれが原因。松井の父親も含めて、周囲は結婚秒読みだと思っていたのに、本人の踏ん切りがつかなくて焦れた戸田にフラれた。と言っても、監督辞退はないと思いますよ」(松井氏に近い人物)

意外なゴジラの一面。巨人も世間も大歓迎なんだから、安心して監督就任を決めてくれ!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.