日刊大衆TOP トレンド

日本全国イチオシSA•PA巡礼記 第9回 港北SA

日本全国イチオシSA•PA巡礼記 第9回 港北SA

もっと画像を見る

鈴木とタカネの20代女子2人が、トラック運転手さんに全国のオススメSAと旬な時事ネタについてのお話をお聞きする当コーナー。今回は、食いしんぼう鈴木が「国民栄誉賞をとった長嶋茂雄さんと松井秀喜さんについて」というテーマで、トラッカーさんたちの考えをインタビューしに行ってきます!

今回やって来たのは、東京からほど近い神奈川県横浜市にある港北PA(下り)。駐車スペースは大型車56台、小型車72台とそこまで大きなPAではありませんが、飲食スペースは広々としていて、お土産コーナーも充実しています。駐車スペースには、トラックもちらほら停車しているので、今回もいい取材ができそうな予感♪

さて、取材の前にまずは腹ごしらえしなきゃ! 相方のタカネからラーメンがオススメと聞いているので、ラーメン好きの鈴木のテンションは上がりっぱなし! さっそく『港北麺道場』にて『港北ラーメン(600円)』をオーダーしてみました。オーソドックスなしょうゆラーメンかと思いきや、大きなチャーシューに加えて、味玉が丸々1コ入っていたりと、意外とボリュームがあるのが嬉しい一品です。ごちそうさまでした♪

お腹が満たされたところで、休憩中のトラッカーさんを探しに駐車スペースへ。食事の前よりもトラックはたくさん停まっていますが、カーテンを閉めてお休みになられている運転手さんが多いみたい…。夢の世界をお楽しみ中のトラッカーさんを起こすのは失礼なので、たった今トラックから降りてきた運転手さんに声をかけてみましょう。すいませーん!

「はい、なんでしょうか?」と答えてくれたのは、トラッカー歴18年のKさん。柔らかい物腰で取材OKと言ってくれたので、どんどん聞いちゃいたいと思います! 今日は、どこからどこに向かっているんですか?

「神奈川県平塚市から大阪府まで、建築部材を運んでいるところだよ。間で休暇をとりつつ、2日間かけて運ぶんだ」

うわー、大阪までって大変ですね。ということは、長距離を運転する仕事が多そうですけど…何かエピソードとかありますか?

「確かに長距離が多いね。エピソードか…そうだな~、SAで休憩しているときに、どこまで行くのか聞かれて、行き先を教えたら『乗せてってくれ』って言われたことがあるよ」

それってヒッチハイクですよね? ドラマや漫画でしか見たことなかったけど、本当にあるんだ~! そういうときは乗せてあげるんですか?

「俺は4回くらい乗せたことがあるよ。けっこう乗せてるほうかも(笑)。さすがにドイツ人にヒッチハイクをお願いされたときは驚いたけどね。辞書を使いながら一生懸命に日本語を話してたよ」

そんなグローバルなヒッチハイクがあるなんて! あっ、長距離ということは、全国のSAを利用してそう。オススメのSAはどこでしょうか?

「東北になっちゃうんだけど、岩手県にある紫波SAかな。『ナポリじゃじゃ』っていうパスタっぽい、うどんがうまかったな」

おおっ、何ですかそれは!? 次回、相方のタカネに正体を暴いてきてもらいましょう! では最後に、国民栄誉賞を受賞した長嶋さんと松井さんについてはどう思いますか?

「正直あんまり興味ないなー(笑)。俺、西武ライオンズのファンなんだよね」

あらら、Kさんは西武ファンでしたか。ヤボな質問、失礼しました! Kさんにお礼を言ってふと辺りを見回したら、パッチリとした目が印象的なトラッカーさんと目が合っちゃいました♪ 間髪入れずに声をかけます!

「へ~、取材とは大変だねぇ。俺は断熱材を積んで千葉県から石川県に向かっているところだけど、取材ってそんなんでいいの?」

とはトラッカー歴2年半の、つりバカさん。さっそくですが、仕事での思い出などを聞かせてください!

「今のところは大変な思い出しかないかな~。中でも、夏場に麦茶の材料を自分の手で1つ1つ降ろしたときはつらかったよ…。いつもは機械を使って一気に降ろすから、手作業は暑いし疲れるしで散々だった。13トン分もあったからね。帰りに寄ったPAで死んだようにぐったりしちゃったよ(苦笑)」

考えただけでも気が遠くなりそうです…。トラッカーさんたちは、ただ指定されたものを指定された場所に運んでいるだけじゃないんですね。勉強になります。あとは、国民栄誉賞についてお聞きしたいんですが。

「ああ、長嶋さんは素晴らしい人だと思うからわかるんだけど、何で松井もこのタイミングで一緒に受賞なのか、よくわからなかったな」

確かにそこは、私も気になってました。つりバカさん、休憩中のところありがとうございました!

その後もトラッカーさんを探しながら港北PAを歩き回っていたところ、何やら甘くて香ばしい匂いが…。匂いをたどっていくと、そこには『ナッティー・ババリアン』というナッツ屋さんのワゴンがありました。「何やってんすか?」とスタッフのお兄さんに話しかけられちゃったので、こちらのナッツをいただいてみることに♪ どれどれ? うん、ローストされたナッツにキャラメルが絡んで絶品~♡ 何個でもいけちゃいそう…と悠長にナッツを頬張っていたら目の前をトラッカーらしき人が横切って行きました。すかさず追いかけて声をかけます。すいませーんっ!

「なんや? 元気やなー。こんなところで何しとるん?」。関西弁で答えてくれたのは、トラッカー歴18年の宮本さん。黄色いTシャツに、黄色いハンドルカバーのついたトラックと、黄色がお好きなようです。取材だと伝えたら、アイスを食べながら「これ食べながらでも大丈夫なら構わんけど」と笑顔でお返事をしてくれました。今日はどこからどこまで行くんですか?

「東京都の足立区から、神奈川県の座間ってところに行くで。今は荷物を降ろしてきたからコンテナは空っぽ。普段はオフィスで必要なロッカーやデスクなんかの事務用品を運んでることが多いかな。だから新年度が始まるときは需要が高まって忙しいねん」

なるほど。新入社員が入ってきたり、異動があったりするからですね。この仕事を18年されてきて、何か面白い出来事ってありましたか? さっきはヒッチハイクを乗せたって話があったんですが。

「ヒッチハイクなら俺もあるよ。トラックのナンバーが大阪だから、大阪に行きたいって人に声かけられたりしたなぁ。仕方ないから乗せてやったけど、興味本位でヒッチハイクってどんなものかやってみようって人が多かったから、説教してやったことがあるわ(笑)」

相手は興味本位でも、こっちはお仕事ですもんね。説教する宮本さんの気持ちもわかるかも…。ところで、国民栄誉賞についてはどう思いますか?

「トラックの運転してるとテレビ観てる暇ないからなぁ。まぁ、2人とも受賞できてよかったんちゃう?」

宮本さんはとてもノリがよかったので、思い切って2ショットの写真撮影をお願いすると「撮ったらええやん! アイスも一緒にな(笑)」と快く了承してくれました♪ ありがとうございました!

今回もヒッチハイクや手作業での積み降ろしとか、知らなかったことをたくさん教えてもらえて、少し頭が良くなった気がします♪ 貴重な休憩時間を割いて、取材に強力してくれるトラッカーさんたちに改めて感謝ですが、宮本さんが食べてたアイスおいしそうだったな~。取材も頑張ったし、ご褒美として食べてもいいよね。ちょっと売店に行ってきまーす♡

ということで次回はおとぼけ係長・タカネが紫波SA(上り)で謎の『ナポリじゃじゃ』とご対面! お楽しみに~♪

日本全国イチオシSA•PA巡礼記 第9回 港北SA

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.