日刊大衆TOP トレンド

日本全国イチオシSA•PA巡礼記 第3回 駒門PA

日本全国イチオシSA•PA巡礼記 第3回 駒門PA

もっと画像を見る

全国のSAを熟知しているであろうトラック運転手さんに、鈴木とタカネの20代女子2人が、おすすめのSAをうかがいつつ、お仕事の苦労話や思い出話をお聞きする当コーナー。今回も、素敵なトラッカーさんとの出会いに胸を膨らませながら、元気に行ってきまーす!

今回向かうのは、静岡県御殿場市にある駒門PA(下り)。どんなトラッカーさんに会えるのかワクワクしつつも、どんなおいしいものがあるのか、そっちのほうばかり気になって仕方ない食いしんぼう鈴木です。前回の寄居PAからバトンを渡してくれた相方、タカネの情報によれば、サービスエリア運営会社「中日本エクシス株式会社」の主催する「カレーグランプリin Highway」で2位に選ばれたカレーが有名みたいなので、バッチリ味わいたいです!

カレーのためにおやつを我慢しつつ、車で東京から2時間弱。神奈川県を越え、静岡県に入ります。しばらくすると、窓の外には富士山が見えてきました! 富士山って、いつ見ても感動して写メ撮っちゃうんですよね。雄大だし、何より白い雪はホワイトソースみたいで美味しそう…って、気付けばヨダレが垂れていました(笑)。いろいろ夢想しているうちに、駒門PAに到着です。

ん~(伸びをしている)。静岡県御殿場市に位置する駒門PAの空気は澄んでいて、とても気持ちがいいです。富士山が間近に見えて、景色も最高だし、心も体もリラックスして、ゆっくり休憩できそう。さっそく売店の中に入ってみましょう♪

売店に入ると、まず目に入ってきたのが、ずらりと並んだ迷彩柄の帽子やTシャツなどのグッズの数々。御殿場には陸上自衛隊の駐屯地があるため、駒門PAならではのラインナップです。売店の隣は食堂! 券売機を見ると、カレーと麺類が中心のメニュー構成になっています。えーっと、噂のカレーはどれかな…。あっ、「駒門チキンロールカレー(680円)」、これだー♡ さっそく食券を購入。

昨晩夢に見たカレーと、ついに対面。…で、でかい! 想像していたよりも、かなりボリュームがあります。いざ実食! 甘くてコクがあり、ほどよい辛さがとても後を引きます。うまーい! チキンロールは柔らかくて、バジルの香りがアクセントに。爽やかで、やさしい酸味が特徴のピクルスも、全部残さずペロリといただきました!

さて、お腹も満たされたところでトラック運転手さんへのインタビューに移りましょう。今回はどのトラックにしようかな~。駐車スペースを見渡すと…おっ、緑、オレンジ、青のラインが目をひくコンテナのトラックを発見。まだトラック運転手さんに声をかけるのは緊張するけど、思い切って行ってきます。すいませーん。

「んっ? 何だい?」と、少し驚いた後に明るく答えてくれたのは、笑顔が素敵なアキラさん(38歳)。よかった、やさしそうな雰囲気のトラッカーさんです。取材であることを伝えると、「いいよ!」とこれまた明るくお返事をしてくれました。さっそくですが、今日はどこからどこまで行かれるんですか~?

「名古屋から出発して、東京で荷物を積んで、また名古屋に戻る途中なんだ。結構何でも積むけれど、今回は野菜を積んでるよ」

野菜、大好きです! 温野菜サラダとか、野菜たっぷりのポトフとか…(野菜料理に思いを馳せること10秒)。はっ、いけない、取材中だった! 気を取り直して、次の質問。アキラさんはトラッカーになって、どのくらい経つんですか?

「トラッカーになって約20年かな。いまだ無事故なんだよ! あっ、多少の違反はしたけどね(笑)。やっぱり、いっぱい乗っていれば運転はおのずとうまくなるもんだよ」

無事故なのは素晴らしいですね。私は恋愛で事故ばっかり起こしてます(苦笑)。20年も仕事をしていたら、いろんなエピソードがありそう。何かあったら聞かせてほしいです。

「うん。いい思い出も悪い思い出もたくさんあるけど、第1位はあれかな…。結構ショッキングな思い出だけど、聞きたい?」

ぜひ、お願いします。

「実はね、数年前にトラックの中で亡くなった人を見てしまったんだよ。事故ではなくて、とあるSAでだったんだけど。休憩中に、脳梗塞か心臓発作を起こしてしまって、そのまま帰らぬ人となってしまったみたいなんだ。全然知らない人だったけど、やはり同じトラッカーとして心が痛んだよ。俺も気をつけないとね」

まさかそんなことがあったなんて…。トラッカーの皆さん、SAではしっかりと休憩をして、無理はせずに体を大切にしてください。もちろんアキラさんも! では最後に、アキラさんイチオシのSAを教えてください。

「マイナーなんだけど、上信越自動車道にある甘楽PA(下り)かな。あそこで食べたモツ煮定食がおいしくて忘れられないんだよなー」

モツ煮は間違いないですよね! 考えただけでまたヨダレが…。けれど次は相方タカネの番でした。いいなぁ、私もモツ煮食べたーい! お話を伺った後は、アキラさんご自慢のトラックとパシャリ。なんとこのトラックは、__『週刊ヤングマガジン』(講談社)で連載されていた人気マンガ『湾岸ミッドナイト』の26巻に登場しているそうですよ。すご~い! 要チェックですね!

ちなみに、この日は訪れた時間が悪かったのか、トラックが少なく、残念ながらアキラさん1人にしかお話が聞けませんでした…。お土産でも買って行って、編集さんに謝らなくっちゃ~。

そんなわけで、次回はおとぼけ係長・タカネの甘楽PA編です。乞うご期待! よし、なんか食べていこ~っと♪

日本全国イチオシSA•PA巡礼記 第3回 駒門PA

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.