日刊大衆TOP トレンド

日本全国イチオシSA•PA巡礼記 第2回 寄居PA

日本全国イチオシSA•PA巡礼記 第2回 寄居PA

もっと画像を見る

近年、リニューアルなどにより、注目が高まりつつある高速道路サービスエリアとパーキングエリア。職業柄、ヘビーユーザーであり、全国のSAを熟知しているであろうトラック運転手さんに、SAのおすすめのポイントをうかがいつつも、日々のお仕事の苦労話をお聞きするこの企画。ついでに、運転手さん自身のパーソナリティーにも迫りつつ、最近の時事問題に対する考えをインタビューしていきます。
今回のテーマは「安倍政権誕生後の仕事面での影響」について!

今回は、トラッカーのみなさんにお話を聞きに、埼玉県にある寄居PA(関越自動車道上り)へ。物心ついたときからおっちょこちょいで、花の20代前半にも関わらず、「おとぼけ係長」なんて肩書きまでいただいてしまった私、タカネが行って参りました~。

東京から1時間半、埼玉県の北部、深谷市に位置する寄居PAは、通称「星の王子さまPA」と呼ばれています。レンガ屋根のおしゃれな建物が並んでいて、まるでフランスにいるような気分が味わえる場所。なんと、施設内の看板や建物に書かれている文字はすべてフランス語だとか!

ガイドブックによると、星の王子さまの物語に出てくる「ゾウを飲み込んだうわばみ」をモチーフにした「うわばみ焼き(6個入り300円)」が有名とのこと。車を降りた途端、真っ先にお店に向かって駆け出します。建物に近づくと食欲を刺激するあま~い香りが…。一も二もなくさっそく購入! はやる気持ちを抑えつつ、すぐ横にあるカフェテラスで、うわばみ焼きを取り出します! あ…落としちゃった(汗)。しかし光の早さでそれを拾い、砂を払う! うん、3秒ルール! 気を取り直して、いっただきま~す♪ …す、すごくおいしいです! 外はサクサク、中はふんわりとした食感で、口に広がるバターの香り。手のひらサイズなので、おやつにちょうどいい大きさですね!

気付けば5分と経たないうちに全部食べ終わってしまったので、トラック運転手さんに取材するべく、駐車場を見渡します。すると、荷台のサイド部分に郵便マークが描いてあるトラックを発見。郵便屋さんかな? と思いつつ、さっそく取材するためにトラックへと走ります(トラック運転手さんは、SAに到着後すぐに寝てしまう人が多いため、うかうかしているとお話を聞く機会を逃してしまいがちなのです)。すみませーん!

声をかけさせていただいたのは、在りし日の尾崎豊さんを薄くしたような二枚目のKさん(40歳)。まずは運んでいるものと目的地を教えてください!

「新潟からきて、東京へ郵便物を運んでます。埼玉まで来たから、あと一息だ」

そう言ってはにかむKさんの笑顔にキュンとしたことは内緒にしつつ、しばしの雑談を挟んで次の質問です! ズバリ、奥さんはいらっしゃいますか?

「うん、いるよ。それと子供が2人。10歳と7歳のやんちゃざかりだから、せっかくの休日もどこか連れてけってうるさくてね(笑)。明日は休日なんだけど、たぶん子供の相手をするかな」

ご結婚されてるんですね、残念。……じゃなくて、やっぱり家庭を持ちつつ働く男性はステキ! 明日がお休みということなので、あまりお邪魔するのもヤボというもの。この辺りで経済について聞いてみましょう。

「安倍さんに変わって? うーん…まだ特には何も感じないかな。小泉さんが郵政民営化にしたときのほうが、俺としては経済的に大打撃だったけどね(苦笑)」

なんでも、郵政民営化になってお給料が減ってしまったそう。世知辛いながらも貴重なお話、ありがとうございました。

Kさんにお礼を言った後、後ろを振り向くとキラキラとしたピンク色のボディが印象的なトラックが! お次は、こちらの運転手さんにインタビューしてみます! すみませ~ん、何を運んでいるんですか?

「今は仙台から二輪(オートバイ)を運んでるところ。これから5日かけて九州へ向かうんだよ」

そう答えてくれたMさん(36歳)は、11年のキャリアを持つベテランさん。ところで、首相が安倍さんに変わって、何か生活面での変化は起きましたか?

「あ、安倍さん?……まだ何も感じないかな。総理大臣っていうより、中国のほうが気になるよ。国内のバイクメーカーが、人件費を抑えるため中国の工場で製造するようになってね。日本で作るのに比べて作りが荒いから、品質が落ちちゃうんだよな。中国が業界に参入してこなかった頃が懐かしいよ」

うーん。それは切ないお話ですね…。大変そうですけど、頑張ってください。応援してます!

片手を挙げて挨拶を返してくれたMさんのトラックを後にして辺りを見回すと、20mくらい先にもう一台、白いトラックが停まっています。タッタッタッタッ…すみませーん!

「なに?」

倒していた運転席から顔を上げて返事をしてくれたのは、刈り上げた髪型がおしゃれなNさん(42歳)。何を運んでいるんですか?

「佃煮をスーパーまで運んでるよ。今回は入間から東京まで持っていくんだ」

佃煮は、ごはんのお供に最適なので私も良く買います。それはそうと、近くで見るとトラックの運転席が広いですね。

「ああ、これはダブルキャビンっていうやつでね、運転席の真後ろが寝るスペースになっていて、結構重宝してるよ。まあ、実際は休憩中に仮眠をとるより、野球中継とかをワンセグで見ることが多いけど」

確かに、今は携帯で観れますからね。やっぱり、サッカーよりも野球派ですか?

「昔野球をしていたからね。さすがに今はやっていないけど、観るのも好きなんだよ。だから、休憩するSAもできるだけ電波が良いところを選んでる(笑)」

話しつつも、テレビが気になっている様子のNさん。長話をしては悪いなと思い、安倍政権の影響についての質問へ移ります。

「安倍さんかー…首相がどうこうってよりも、運送業は会社の年間スケジュールで動くからな。今は年度末決算の時期で、各社に予算がどれだけ残ってるかによって発注量が変化するから、俺たちが運ぶ量もそれに合わせて増減するんだよ」

そういうものなのですね、参考になりました! 最後に、NさんオススメのSAを教えてください!

「オススメは駒門SAかな。ワンセグの電波がよく届いて、映像がきれいに映るところがポイント高いね(笑)。手作りがウリのカレーもうまいよ」

やっぱりオススメのポイントはワンセグなんですね(笑)。でも、手作りカレーは、当コーナーの食いしん坊な相方、鈴木さんは喜びそう♪

あとで調べてみると、駒門PA(東名高速道路下り)は、静岡県御殿場市にあり、Nさんオススメのカレーはサービスエリア運営会社「中日本エクシス株式会社」の主催する「カレーグランプリin Highway」で2位に輝いた実力派だとか。これは期待が持てますね!

そんなワケで、次回は「食いしん坊鈴木」がカレーを食べまくる!?
駒門SA編、こう、ご期待ください!!

日本全国イチオシSA•PA巡礼記 第2回 寄居PA

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.