日刊大衆TOP 娯楽

携帯が繋がらないほどの移動の日々

「携帯電話が繋がらないから、また落としたのかと思ったよ。」

 一年に4~5回は携帯電話を失くしているので(苦笑)、強く否定はできませんが。ここ最近は、僕にしてはめずらしく、失くしていません(笑)。
 なぜだろう?騎手会長を拝命してから土、日以外も、打ち合わせなどスケジュールがいっぱいで、電話に出られないことも多いのですが、それはいまに始まったことではありません。

--ほかに何か理由はあったかな?
 7月に入ってからの記憶を辿り、気がついたのが、移動の多さでした。
 

 スタートは、7月6日、7日の競馬です。金曜日に京都から名古屋に移動して、2日間とも中京競馬のレースに参戦。翌8日は北海道に移動。武豊TVの収録も兼ねて、苫小牧市のノーザンホースパークで開催されたセレクトセールに行っていました。
 牧場の関係者、馬主さん、調教師の先生、ジョッキー、報道関係者……競馬に携わるすべての人間が注目する一大イベント。これだけたくさんの方が一堂に会するのは、ほかではJRAの表彰式くらいのもです。
 それだけに、ちょっと歩くと、知った顔にぶつかり、競馬談義が始まります。運良く(?)鈴木淑子さんに出会った僕も、本誌カラーページに掲載されているセレクトセールのナビゲーターという大役を仰せつかることになりました(笑)。
 2日間、北海道とは思えないほどの暑さにも驚きましたが、目を見張ったのは、その売れ行きです。初日の1歳馬、2日目の当歳馬ともに、飛ぶように売れ、総額は過去最高の117億6470万円。「これもアベノミクス効果かな」という声が聞こえていました。

 京都から名古屋、そして北海道。さらに移動は続きます。11日は、東京・日本橋三越で行われている「大黄金展」に出席。黄金のオグリキャップに騎乗する機会をいただきました。
 イベント終了後、一度、家に帰り、翌日には北海道へ逆戻り。13日、14日は函館競馬への参戦です。
 ここでは、トウケイヘイローをパートナーに、GⅢ「函館記念」を制覇。函館での重賞勝利は16年ぶりで、たくさんいる親戚の方にもようやく面目を保つことができたかなと、ほっと胸を撫で下ろしました。
 まだ移動は続きます。函館競馬の翌日、15日は高知に移動。高知競馬のナイター競馬「夜さ恋ナイター」のゲストとして弟・幸四郎とのトークショーです。
 我ながらよく移動したなぁと思いますが、まだまだ、これで終わりではありません。17日に開催された「トルコジョッキークラブ国際招待競争2013」に日本代表として参戦。とんぼ返りして、21日、22日は中京競馬。そして、今週末は、いよいよ始まる小倉競馬で騎乗する予定です。
 これだけ移動していると、携帯電話が繋がらないのも当然です。

 「タフであること。」

これも勝負師の作法のひとつかもしれませんね。

携帯が繋がらないほどの移動の日々

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.