日刊大衆TOP 娯楽

ディープと駆け抜けた最後の有馬

ディープと駆け抜けた最後の有馬

ディープインパクトと共に紡いだ数々の物語  今日はその中から、ラスト・ストーリーとなった有馬記念の話をしましょう。

2006年12月24日。

いつもなら、レース展開を予想したり、ペースを気にしたり……ほかにも、あれこれと考えるのですが、この日は、真っ白な状態のまま、レースを迎えました。

ディープらしい競馬をしよう。

頭の中は、それだけ。競馬に絶対はないということは、もう痛いほどよくわかったうえで、それでも、ディープらしい競馬ができれば絶対に負けないという自信の裏返しでもありました。

2年連続のファン投票第1位。
単勝支持率70%超。
前売り券も即完売。

最後の勇姿をその目に焼き付けておきたいと、当日、競馬場に足を運んでくれたたくさんのファンの声が、僕の気持ちを後押ししてくれたような気がします。
レースは後方3番手で待機。息遣いも、背中の感触も、いつものディープです。
「中山は直線が短いから、さすがのディープでもキツイのでは?」
穴党の方たちのそんな悪魔の囁きも、この日にかぎっては、まるで気になりません。
ロケットエンジンのスイッチをどこでオンにするか  ディープと呼吸を合わせるようにして、その気配を感じ取ることだけに集中していました。

さあ、ついに、その瞬間がやってきました。
 

合図は一発のムチだけ。いつものように外に持ち出すと、いつもの飛ぶような走りで……いや、いつも以上に疾く、まるで宙を駆けるように、ゴール板を駆け抜けていました。

満員のスタンドから降り注ぐ“ディープ・コール”。
「ありがとう」と叫ぶ若いファン。?を伝う涙を拭いもせずにコブシを振り上げているオジサンたち……いまも、あの光景のすべてを思い出すことができます。
ディープに乗れるのは、これで最後なんや。
彼の背中でつぶやいたその一言とともに……。

GⅠ7勝。
シンボリルドルフ以来、史上2頭目となる無敗の三冠馬。
2年連続の年度代表馬。
そして、凱旋門賞での悔しさ……。

ディープインパクトは、僕をさらに成長させてくれた名馬中の名馬でした。

今週末に行われる、今年最後のGⅠ「有馬記念」は、彼の血を引くキズナで挑戦する予定でした。しかし、残念ながら体調が戻らず、レース出走を断念することになってしまいました。
ファン投票でキズナに一票を投じてくれたファンはもちろん、彼の走りに期待してくれていた方には申し訳ありませんが、悔しい思いをしているのは、佐々木先生も、オーナーも、僕も同じです。

すべては2014年のためにベストな状態でターフに戻ってくるキズナに期待していてください。
来年は彼とともに、さらに大きな夢を描きたいと思っています。

ディープと駆け抜けた最後の有馬

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.