日刊大衆TOP 芸能

TV各局人気女子アナ「狙われたおっぱい」衝撃事件ファイル vol.1

[週刊大衆11月25日号]

「まさに十字砲火。いまやカトパンのおっぱいは完全に狙われていますよ」と話すのは、フジテレビに勤務する某スタッフだ。
来年3月末で終了する『笑っていいとも!』が、その理由だという。

実は、その後番組の総合司会に加藤綾子アナ(28)が内定したといわれているのだ。
「局の上層部は彼女のEカップ乳に期待を寄せているんです。昼の12時から始まるので、昼休みのオヤジ視聴者も多いですからね。さらに、出演中の『めざましテレビ』も続投させ、早朝から午後までカトパンのプルルン豊乳を前面に押し出して視聴率を獲得する目論見のようです」(前同)

フジの再興はまさに"カトパン乳"次第のようだが、話はこれで終わらない。
別のフジ関係者がこう言う。
「件(くだん)の後番組には、笑福亭鶴瓶やSMAPの中居正広、ダウンタウンの浜田雅功らが、日替わりの司会者として名前が挙がっています。彼らもまた、"カトパンとなら一緒にやりたい"と本指名したそうで、彼女と仲よくなりたい魂胆が見え見え。確かに、愛らしい美貌と清楚な雰囲気ながら、服の上からもわかるお椀型巨乳を間近で拝みたい気持ちもわかりますけどね」

視聴率は取れるし、個人的にも揉んでみたい……そんな欲望の的になっているカトパンのおっぱい。
「彼女に限らず、おっぱいが魅力的な女子アナは、芸能人であれ、局の人間であれ、イヤラしい目で見られるものです。視聴者の僕らが思っている以上に、彼女たちのおっぱいは狙われていますね」(夕刊紙記者)

そこで今回、本誌は人気女子アナたちの"狙われたおっぱい"衝撃事件ファイルを徹底取材した。
まず、身近な男たちから狙われている女子アナはかなり多い。
テレビ朝日の竹内由恵アナ(27)は今秋、テレ朝スポーツ局ディレクターとの"不倫愛"が報じられたが、「妻のいる男と岩盤浴に行って、オイルまみれになっていたことから、"ヌルヌル不倫"などと局内では揶揄されています。と同時に、そんな彼女の奔放さに、ほかのディレクター陣も"俺だってヤレるかも!?"という雰囲気になっています」(制作会社スタッフ)

それだけではない。『ミュージックステーション』で共演していたタモリも竹内アナのCカップ乳をターゲットにしていたという。
「タモさんは以前から、幾度となく彼女を飲みに誘っていました。『いいとも!』放送後、タモさんの仕事がない日は昼から飲むこともあったそうです。来春に番組が終了すれば、時間も取りやすいので本腰を入れて狙ってくるはず」(前同)

竹内アナと同様に、昨年、同局の年上ディレクターとの熱愛が発覚した日本テレビの水ト(みうら)麻美アナ(26)は、「彼女のバストはイヤラしい」(日テレ関係者)と語られるお宝の持ち主。
「"1日5食"と"日本酒ガブ飲み"で磨き上げられた水トちゃんのE超え"ぽちゃ乳"は、本当に柔らかそう。歩くたびに胸元が揺れているので、思わず見惚れてしまいます」(前同)

元傭兵のテレンス・リー氏は、こう分析する。
「男は子供の頃から乗り物が好きなように、心理学的に"揺れるもの"に弱いのです。おっぱいも揺れるから目を奪われるのです。女スパイがハニートラップを仕掛ける際、胸は小ぶりでも、ゆとりのあるブラをつけて、"揺らす"んですね。だから、女スパイに"寄せてあげるブラ"をつけている者は一人もいません」

現在は、さらに別の局員と交際しているという話が聞こえてくる水トアナ。
彼女のおっぱいがモテるのは、戦場でも証明済みなのだ。

フジで、カトパンに続いて人気なのが三田友梨佳アナ(26)だ。
実家はミシュランの三ツ星料亭とあって、「1回でいいから、お嬢様の乳を揉んでみてえ!」と、思わず飲み会で騒ぐ男性社員もいるというが、そんな状況に、こんな声も出ているという。
「彼女は真のお嬢様。世間知らずなだけに、変な男に絡まれないか心配ですね……」(放送作家)

コラムニストで"おっぱいスナイパー"の異名を持つ下関マグロ氏によると、女子アナのおっぱいは隙だらけだという。
「アイドルや女優と違い、彼女たちは一社員ですからね。たとえば、三田アナが乗っているエレベーターに閉まる寸前、駆け込み、よろけたフリをしておっぱいを鷲掴みにする。そんな手口を使ってくる悪辣スタッフはいるはず」

確かに、美脚キャスター・山岸舞彩(26)が『NEW SZERO』(日テレ系)のプロデューサーからセクハラを受けていたという報道も記憶に新しいが……。
「山岸は最近、バラエティー番組や雑誌のグラビアにも出まくっています。特にグラビアでは美脚全開。胸の谷間が見えそうな露出限界の衣装に挑戦するなど、セクハラ騒動などどこ吹く風です。しかし、こうした彼女のふわふわした行動に『ZERO』の出演者たちも激怒。なんと、日テレの役員から直々に、"報道キャスターとして不適切な仕事はしないように!"と勧告が出されたそうです」(スポーツ紙芸能デスク)

もともと男を魅了する派手パイだけに、目立つような行動は慎めということか。

11月21日公開のVol.2につづく・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.