日刊大衆TOP 芸能

独占黒光りインタビュー60分「酒と女とこれからのみのもんた」 vol.1

[週刊大衆11月25日号]

次男の逮捕、セクハラ騒動を受けて朝の報道番組を降板し、テレビ界の帝王から完全に陥落した、みのもんた(69)。
"バカヤロー会見"から2週間が経過してもなお、冷めるどころか勢いを増すバッシングの渦中にあるみのを、本誌は直撃。
一連の報道に対する反論、現在の生活、そしてこれからについて、みの本人がすべて語った。

※ ※

――みのさん、髪が伸びましたね。

みの テレビに毎日、出ていたときは気にしていたんだけど、いまは気にしなくなっちゃった。今日も慌ててジャケットを着ましたよ。

――でも、思った以上にお元気そうですね。

みの 黒光りですか(笑)。

――本誌が使う、みのさんの代名詞"黒光り"ですね!ということは読んでいただいているんですか!?

みの 雑誌の早刷りを届けてくれるものですから。活字の見出しは怖いですよ。一番は、週刊新潮の『みのもんたは成仏したか』ね。成仏って言われても、どうすればいいのかな。

――豪邸に住んでいることまでバッシングの対象になっていますよね。

みの 私は別に大きな家とは思いません。月曜から土曜まで週6日間、夜中の3時に起きて、生放送をやって。それ以外にも番組を何本かやると、50億円はウソですけど、おカネは貯まります。一生懸命、働いた結果ですよ。

――いまは、その自宅にいることが多いんですよね?

みの 本当は外に出て飲みたいです。でも、いま外で飲んだら、また叩かれる。どっかに僕を褒めてくれる人はいないのかな(笑)。

――家では何をしているんですか?

みの 朝の3時には目が覚めます。それで4時にシャワーを浴びて、7時には鉄アレイを握って木刀を振って、最後にウオーキング。そのあとシャワーを浴びて、トマトジュースのビール割をクーッて飲む。

――やっぱり飲んでいるんですね!

みの これがうまいんですよ。夜も毎日、11時くらいまで飲んでますよ。いまは辛いですけど、独りで楽しく飲むようにしています。

――いまでも、お酒は欠かせないんですね。

みの そうだ、言っておきたいことがあるんだ!どっかの雑誌で、「ブランデーグラスにクラッシュアイスを入れて、ブランデーをなみなみ注ぐ」って書いてあったけど、僕が飲むのはウイスキー。ブランデーを飲むときは温かくして匂いを楽しむんだから、氷なんか入れません!これだけは言いたかったの。

――さすが、大好きなお酒のことになると、より熱くなりますね。

みの しかも、それで最後に"品の悪いがぶ飲み"とかさ。はー、大好きなお酒を冒涜されるのは悲しい!

――銀座でド派手な飲み方をされているという話もありますが……。

みの 僕ね、お酒は趣味ですが、一軒で使うのは2~3万。一つ4万もするメロンをずらーっと並べて、一晩で100万、200万使うIT社長を見ると、バカじゃないかって思ったよ。

――そういう飲み方はしないんですか?

みの だって、おいしくないでしょ。銀座のママに注意したことありますよ。メロンの真ん中をくり抜いて、そこにピンクのシャンパンを入れて、女の子3人がストローで飲んでるの。売り上げに繋がるから、女の子もゲップしながら飲んでて可哀相だったよ。そんな店は二流だね。

――高級店でも、そんなことがあるんですね。

みの あと、もう一つ、言っちゃっていい?"カンチョー"って何、あれ!?

――『アサヒ芸能』にあった記事ですね。「俺はカンチョーだ!」と叫んで、頭をスカートの中に突っ込むという……。

みの カンチョーって肛門にするやつでしょ。肛門になんて興味ないよ!そんなこと、高級クラブでできますか?

――できないですね(笑)。カンチョーはともかく、飲んでいたら、女の子と仲よくなるんじゃないですか?

みの 来年の5月が女房の三回忌なんですよ。だから冗談半分で、"そろそろ新しい人生を見つけなきゃいけないな"って、仲のいい女の子に相談したら、たったのひと言。「何考えてるの?」だって(笑)。

――それは厳しいですね。でも、いい人がいれば再婚してもいいのでは?

みの 再婚は全然、頭にないですね。死んだ女房の味に慣れちゃってるんです。だから夜ご飯も、お手伝いさんが「作りますよ」って言ってくれるんだけど、僕が作るようにしてます。

――え、みのさんが!?

みの 前によく行ってた小料理屋さんの女将が糠味噌を作ってタッパーに入れてくれたから、いつも自分でかき混ぜてますよ。
あと、いまはレトルトがおいしいね!油を使わないで焼ける餃子とかあるんですよ。
そんな感じで毎日、楽しんでやってますよ。

11月19日公開のVol.2につづく・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.