日刊大衆TOP 芸能

不倫SEXしてみたい魅惑の人妻美女優ベスト20 vol.2

[週刊大衆11月18日号]

7、8位には因縁の仲の常盤貴子と真木よう子が揃ってランクイン。
常盤は、演出家で俳優の長塚圭史と6年半の交際を経て、09年に結婚。
ところが、昨夏、長塚と真木にW不倫熱愛騒動がボッ発。
夫婦の危機が囁かれるようになった。
「10月に放送されたスペシャルドラマ『月に祈るピエロ』(TBS系)は、常盤主演の大人の恋愛ドラマ。劇中で常盤がしみじみと"セックスしたいの"と呟くシーンは、やけにリアリティーがありましたねぇ(笑)」(テレビ誌記者)
セックスレス疑惑はさておき、彼女が『新キャベジンコーワS』『液キャベ』のCMで見せる可愛い女房ぶりは、世の男たちの好き心をくすぐるようで、「不実な亭主の愚痴を聞いてやってるうちに男女の仲に、というパターンでお願いしたい」(49=公務員)

一方、長塚とW不倫が報じられた真木よう子は、08年に元俳優の男性とデキちゃった婚。
翌年、長女を出産したが、「真木は仕事が忙しくなると、家事と育児を夫に任せてホテル住まい。これには専業主夫状態の夫もキレかかっているらしい」(女性誌記者)

こちらも夫婦の危機説が囁かれているというのだ。
6月公開の映画『さよなら渓谷』で、汗まみれになりながら全裸ファックシーンに挑んだ真木はGカップ乳を99%公開。
ヤルときはヤル女優として、ますます評価を高めた彼女だが、「真木よう子は人妻というより一匹の牝。人妻らしくないところが、逆に魅力なんです。あっけからんとセックスしたあとは、次の獲物を求めてさまよう愛の狩人なんです」(八木氏)

11月15日公開のVol.3につづく・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.