日刊大衆TOP 芸能

現役東大生100人「SEXしたい女優」ランキング vol.02

[週刊大衆03月24日号]

一般読者がSEXしたい女優
1位:米倉涼子(38)
2位:長澤まさみ(26)
3位:壇蜜(32)
4位:深田恭子(31)
5位:綾瀬はるか(28)
6位:石原さとみ(27)
7位:吉瀬美智子(39)
8位:吉高由里子(25)
9位:北川景子(27)
10位:松下奈緒(29)

(本誌2013年12月30日号より)


(前回の続き)一方で、東大生のアイドルに対する偏愛ぶりも気になるところ。
7位タイの百田夏菜子(ももたかなこ)は5人組のアイドルユニット『ももいろクローバーZ』のリーダー。ランキング9位タイは12名いるが、その中の玉井詩織も『ももクロ』のメンバーだ。
百田に対しては、「健気で頑張り屋のリーダー"かなこぉ↑↑"に、いつも元気をもらってます。ステージで海老反りジャンプをこなす彼女の身体能力は、かなりのもの」(理Ⅲ・1年)

一方、"AKBグループの大阪支店"こと『NMB48』の山本彩(さやか)には、「水着写真がミョ~にエロい。そのひと言ですね。彼女、けっこう胸の谷間もありますから」(医学部4年)

3月末の国立競技場公演を最後に、『AKB48』を卒業する大島優子も根強い人気で9位に入った。
「優子が卒業したら、自分も『AKB48』のファンを卒業するつもり。『ヘビーローテーション』のMVで、何度も抜かせてもらったのは青春の思い出です(笑)」(文学部3年)

そのほか、『乃木坂46』からは生駒(いこま)里奈、白石麻衣の2人も、9位タイにランクインしている。
「東大生に限らず、今の若い世代のほとんどは、アイドルが好きなんです」と、前出のラリー遠田氏が解説する。
「それも80年代アイドルの頃とは違い、アイドルを高嶺(たかね)の花として仰ぎ見るのではなく、自分の手に届く、身近な存在として捉えているんですね。サイン会、握手会などのイベントを通じて触れ合う機会も多いし、アイドルが頑張っている姿を見て自分も勇気をもらっている、という若者が多いんです」

実際、『AKB48』は"会いに行けるアイドル"を売りにしているし、『ももクロ』のキャッチフレーズも"いま、会えるアイドル"だ。

前出・掟ポルシェ氏も、「握手会でアイドルと握手できるのは大きいですよ。ファンが"次は指くらい入れさせてもらえるんじゃないか"と妄想してしまう(笑)、その延長線上に"オレがSEXしたい女優"の回答があるんでしょうね」と現代アイドル事情を読み解く。
その点に関しては東大生も同世代の若者たちと変わりはないようだ。

同じ9位に新垣結衣、剛力彩芽(ごうりきあやめ)らアイドル女優がいるのは当然として、声優でタレントの平野綾が入っているのはアニメ世代ならではだろう。

「アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱(ゆううつ)』以来、彼女の声の大ファン。もちろん実物も可愛いので、大好きです」(工学部2年)

03月21日公開のvol.03につづく・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.