日刊大衆TOP 娯楽

佐渡S、ポプラS、桂樹杯…土曜の激闘レースでウハウハ!

【函館11R ポプラS 1600万 芝2000m】
 北の大地のメインレースは、10Fの中距離準OP戦。予想される展開順に、注目ホースをチェックしていこう。
 

<逃げ・先行>
▲⑪ウインプリメーラ 4ヶ月 直前が軽い。チューリップ賞2着の能力頼み。

<好位>
◎⑨トラストワン 中2週 中距離では安定して走っている。主軸だろう。

<差し・追い込み>
○⑧テーオーケンジャ 中5週 内容は悪くない。叩き2走目でそこそこに差し込む。


【新潟11R 佐渡S 1600万 芝2000m】
 一方、新潟のメインにも10F戦が組まれた。GⅠ実績馬も出走しており、なかなかハイレベルなメンバー構成となっている。

<逃げ・先行>
▲⑤ダイワズーム 中5週 やや中間の本数が足りないが、重賞で入着歴があり、侮れない。

<好位>
◎④マイネオーチャード 中4週 GⅠレースでも活躍。今回は好位を窺って抜け出しを図る。

<△差し・追い込み>
△②ヴァーゲンザイル 中2週 まずまずのところまできている。人気次第では狙える。

○⑧アロマティコ 中9週 GⅠ3着が光る。当然、勝ち負けの実力牝馬だ。差し一辺倒が多少気がかり。

 同馬主複数出しの法則から、マイネル軍団が2頭ずつ出走している。


【盛岡10R 桂樹杯 芝1600m】
 地方競馬にも目を向けてみよう。盛岡では、芝の重賞が行なわれる。面白いレースが繰り広げられそうだ!

<逃げ・先行>
○④エーシンブラン 中1週 2、3歳時の中央G激走馬が復活した。久々の芝で楽しみ。

◎②ハカタドンタク 中4週 時計は速くないが、前走圧勝。古馬相手にどこまで通用するか。

<好位>
△⑧スーパーワシントン 中1週 マイルを得意としている。上位進出も可能。

▲⑪ロッソコルサ 中5週 昨年3着に入った。盛岡では複勝圏を外していない。

 大久保和夫氏の馬が2頭出走しており、警戒を払っておきたい。

〔桂樹杯 枠番/脚質出目〕
12年 832 差差先
11年 184 先先好
10年 625 好好先
09年 618 先先先
08年 561 差先好

追加情報等はスナイパー神津ブログをチェックしてください

佐渡S、ポプラS、桂樹杯…土曜の激闘レースでウハウハ!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.