日刊大衆TOP 芸能

我慢できずにさんまの股間が膨らんだフジ加藤綾子「純白Tバック露出事件」舞台裏

[週刊大衆02月24日号]

フジテレビのエース・加藤綾子アナ(28)のフェロモン暴走が止まらない!
「前々からカトパンファンを公言している明石家さんまが彼女の生パンティを見たそうで、興奮の暴発状態。【本気で好きなの?】と思わせるほど悩殺されていますよ」(夕刊紙記者)

フェロモンでは右に出る女子アナはいないといわれるカトパンの【秘部】を拝めるとは羨ましい話。

事件は『ホンマでっか!?TV』の収録中に起きたという。
「さんまが、あまりにも嬉しくてラジオ番組で暴露しちゃいました。『ホンマでっか』の収録中に突然、カトパンが倒れ、司会のさんまが介抱したんです。ところが、"スカートがめくれ上がってしまい、そっちのほうに神経がいってもうた!"と語るように、抱きかかえて密着したあげく、股間30センチの位置で凝視したみたい」(バラエティー制作会社関係者)

しかもこのとき、カトパンの一大事にもかかわらず、さんまの股間が……。
「ええ、ギンギンの状態だったみたい。カトパンは純白Tバック姿で、美尻の形も完全に丸見え。芸術的なヒップラインだったと聞きます」(前同)

これでは、さんまが興奮するのも無理はない。
「加藤は自分のボディに絶対の自信がある。カメラ映えを計算していて、タイトなミニスカしか穿かない。パンティラインにも気を遣い、必ず白かピンクのTバックというのが、彼女の衣装哲学です」(フジ関係者)

今回、意外なところでカトパンの"プロ根性"が証明されたのだが、大事な本番中に倒れてしまったのは、いささか気になる。
「フジは視聴率が下降中で窮地の状態です。昨年は人気女子アナの本田朋子や松尾翠も退社し、完全にカトパン頼み。看板番組はほぼ彼女が担当だし、新番組を立ち上げる際は"タレントより加藤の予定を押さえろ"と、編成担当が悩むほどのフル稼働です」(前同)

さすがにカトパンも"女工哀史"状態に悩んでいるのか、頼れる大先輩に悩みを打ち明けているという。
「よくOGの高島彩に相談しているみたい。多忙すぎて恋愛もできず、体力的にもきついので、フリー転進を真剣に考えています。アヤパンも、"あなたならフリーで年1億円は稼げるし、結婚しても人気は絶対変わらないわ"と、働きすぎのカトパンにエールを送っていますよ」(同)

フリーになっても、プロ根性はそのままでお願い!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.