日刊大衆TOP 娯楽

前走ラストだけで3馬身、ジョングルールの破壊力

 今年のクラシック候補と注目されていた3歳牡馬が春を目前にして、次々に悪夢に襲われています。

 強烈なパフォーマンスで新馬を勝ち、一躍クラシック候補にノシ上がったヴォードヴィリアン。圧倒的な支持を集めた2戦目のセントポーリア賞のゴール前で粉砕骨折。痛々しい姿をさらけ出してしまいました。

 期待馬オメガホームランにコリンブレッセが骨折。同様に骨折で4連勝のオーブルチェフと連勝中のタマブラックホール。勢いに乗りかけたローレルボルケーノも骨折でリタイア。いずれもオープン馬。例年以上に厳寒の冬で、ガラスの脚といわれるサラブレッドに、なんらかの影響があるのかもしれません。

 さて、3月4日(日)は注目の「弥生賞」。皐月賞と同じ中山芝2000㍍です。

☆主な出走予定馬
▲◎アダムスピーク
△▲アドマイヤブルー
△△アーデント
  △クラレント
◎△ジョングルール
   ソルレヴァンテ
△△トリップ
△△フェノーメノ
   ブリスアウト
△○ベストディール
   メイショウカドマツ
○△マイネルロブスト
(右が一般人気で左が穴党)

 役者が揃いました。なかでも新馬を楽勝し、注目のラジオNIKKEI2歳Sも連勝。一躍クラシック候補に躍り出たアダムスピークが関東初見参。この距離も2戦2勝。対するは強烈な末脚で京成杯を制した勝負強いベストディール。京成杯が1番人気で惜しくも3着だったアドマイヤブルーも虎視眈々。

 穴党はジョングルール。3戦2勝のディープインパクト産駒。前走の東京500万はラスト33秒5で後続に3馬身。破壊力に◎!

前走ラストだけで3馬身、ジョングルールの破壊力

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.