日刊大衆TOP 娯楽

実績ある淀のマイル戦でフィフスペトルが激走!

「中山と阪神は馬鹿にやられたな」と、競馬関係者は口を揃えます。

 週末になると、決まったように雨が降り、馬場コンディションは悪化。日経賞では大敗続きだったネコパンチが古馬の大将格を相手に独走。無敵の王者オルフェーヴルが、格下のギュスターヴクライに不覚の敗退だったのも春の嵐の一幕。

 桜花賞も例年よりパワーを要求される馬場状態。切れ味を身上とする非力で小柄な1番人気のジョワドヴィーヴルには致命的な不利と考えたら、案の定、着外でした。馬場状態を深く読み、得手不得手、適しているのか不適なのか、今年ほど、その重要さを肝に銘じた年はありませんでした。

 さて、今週からグリーンが眩しい東京、京都に舞台は移ります。4月22日(日)は京都で安田記念に繋がる「マイラーズC」芝1600mです。

☆主な出走予定馬  別定
▲◎エイシンアポロン
○▲グランプリボス
△△コスモセンサー
△ シルポート
 △ダノンシャーク
△△ダノンヨーヨー
  ドリームバスケット
△△トーセンレーヴ
◎△フィフスペトル
△○リアルインパクト
△△レッドデイヴィス
(右が一般人気で左が穴党)

 昨秋のマイルCSを制したエイシンアポロンと、昨年の安田記念優勝のリアルインパクトが激突。前者は休養明けですが、ポン駆けに強いタイプ。
休養明け(中山記念3着)を叩いた後者も戦闘モード。GⅠ2勝馬グランプリボスが得意の距離と芝で虎視眈々。

 穴党はフィフスペトル。昨年5歳秋で本格派。マイルCSでは11番人気でエイシンアポロンの首差2着。当時と同じ京都の舞台。休養明けを叩いて大変身!

実績ある淀のマイル戦でフィフスペトルが激走!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.