日刊大衆TOP 娯楽

コスモオオゾラ大変身に期待

 競馬ファンの皆様、新年明けましておめでとうございます。昨年以上に参考になるコラムになるよう、褌を締め直して頑張ります。
 昨年、JRAの売り上げが増えたとはいえ、一昨年が大震災で一時開催がストップ。手放しでは喜べません。今年3月にはファンの多かった福山競馬が廃止。競馬を取り巻く環境が依然として厳しいことには変わりはありません。
 競馬という文化を後世に伝達するためにも、法改正を含めて、抜本的な対策が早急に求められているようです。
 さて、>

 今週は「アメリカJCC」です。主役は菊花賞2着、有馬記念5着のスカイディグニティ。そして、有馬記念5番人気で昨年のAJCC2着の中山巧者ナカヤマナイト。この2頭が高い支持を集めそうです。一方で、金鯱賞3着と地力を増したアドマイヤラクティ。また同レース8着ながら、一昨年の皐月賞3着のダノンバラードも急ピッチの調整で虎視眈々。
 穴党はコスモオオゾラが不気味です。ただし、前走の中山金杯から中1週の登板。ギリギリまで出否は慎重だと思われますが、前2走が明らかに調整不足。2走前の金鯱賞が486kg。前走の中山金杯が492kg。昨年、弥生賞を快勝当時が474kg。接戦の皐月賞4着が476kg。一目瞭然、重め残りだった印象。中1週で馬体が絞れると大変身があります。

コスモオオゾラ大変身に期待

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.