日刊大衆TOP 娯楽

バッドボーイ巻き返しに期待

「ダメだな、下手クソだよ。あれほどいったのに・・・」とオカンムリな鹿戸雄調教師。
 先日の「ダイヤモンドS」は東京で行なわれる最長距離のマラソンレース。早くから照準を合わせていた鹿戸師いわく「満点の仕上げ」で臨んだのがノーステア。全5勝が東京。それも2400mで4勝。まさに最高の舞台設定。
 ところが、
 

ノーステアは後方からグイグイ伸びてきながら内と外にフラフラ。ゴール前は外に斜行気味。それでも2着馬と0秒1差。
「ビュイック騎手には、1頭になるとフラフラするから、馬込みに入れて行けといったのに・・・。通訳からうまく伝わったのかな」
 と肩を落としていました。最近、来日が多い外国人騎手。調教師と専門的な意思疎通が図られているのか、通訳の技量も大なのです。
 さて今週は、皐月賞と同じ舞台の「弥生賞」です。4戦3勝の東の大将格コディーノvs3戦3勝の西の総大将エピファネイアが直接対決。さらに2戦2勝の大器サトノネプチューンと超良血の大物キズナ。クラシックの行方を左右する、とても重要な一戦です。
 で、穴党には胸がときめく1頭がいます。バッドボーイです。前走のきさらぎ賞で4着。荒れたインサイドを走らされ、馬体がプラス12kgで調整不十分。ラジオNIKEEI杯でエピファネイアと半馬身差。叩いて巻き返しです。

バッドボーイ巻き返しに期待

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.