日刊大衆TOP 娯楽

今週の格言「馬券を買わなければ絶対に負けない」

こんにちは、今週から予想ブログを始めるオーノです。
元編集長という肩書ですが、実際はただの競馬好きなオヤジサラリーマンです。

凄い情報も目を見張るようなデータもないまま、大事なお金を失わずに(うまくいけば増やしながら)、競馬を続けていくにはどうすべきか。という、なんだか後ろ向きでダラダラとしたテーマに合わせて、毎週の予想を脱力感いっぱいに繰り広げて参ります。

さて、初回なので、思いっきりアホらしいほどに当たり前な格言から入ってみました。
というのも、馬券を当てるのは実は簡単です。

ハイ! その通り。
全通りの馬券を買っておけば必ず当たります。
10頭立てで、馬連ならばたった45通りです。三連複でも120通り。
しかし儲けを出そうとするととたんに難しくなるのはご存知の通りです。

そもそも馬券は外れなくても、買った瞬間に20~25%は負けています。
馬連1点で1000円買ったら、250円くらい中央競馬会の控除の分が引かれるわけです。
ということは実質は750円の価値です。
さてレースが始まって、なんと奇跡的に大当たりして、オッズ7.5倍の配当を得たとしましょう。
普通は1000円が7500円になったと大喜びですが、よく考えると750円が10倍になっているのですね。
もっと大喜びしていいのです。

つまり、金額ベースで考えると投票券10票のうち9票が外れていたから10倍になったわけです。
で、1レースの馬連を3頭BOXで3点1000円ずつ持っていて、先ほどの的中になったとしましょう。3000円使ったけれど7500円になったので4500円のプラス。
悪くはありませんね。
しかし、外れ9票のうち2票は自分の分です。
他人のカネは7票分しかありませんね。

競馬というゲームが、ひとつの盆に入った他人のカネをどれだけ効率よく自分のものにするのかという原則に則って考えれば、的中馬券の出資額は大きく、外れ馬券は1枚も買わないこと。
これが結論です。

さてこの結論に従って当欄の予想は、1点勝負です。
単勝、複勝、ワイド、馬連、馬単、三連複、三連単とあらゆる券種をレースごとに考えながら無茶を承知で行ってみましょ。
たぶんなかなか当たらないんだろうな。

さてさて、今週最初に目をつけたのは、

20日(土)東京12Rダート2100ですね。
1点で仕留めようとするとどうしても堅いところを選ぶことになります。
ここは、⑤トーセンセカイオー⑥リーゼントブルースが3着までと考えればかなり有力。
まずは1、2番人気でしょ。ここで馬連⑤-⑥1点でもいいのですが、配当はおそらく激安。
リスクとオッズのバランスは直前に見ないといけませんが、そこで3頭目を選びます。
⑨タイセイモンスター⑪テイエムデジタル⑮サンマルデュークあたりが順当なところ。
おそらく前走から⑪が3番人気、しかし2千以上の実績から⑨を抜擢。
⑤-⑥-⑨の3連複1点です。

次は同じく土曜の京都最終12R。
ここは④トーセンケイトゥーを1番手に指名。
この後は、評価横一線で①②⑫⑬あたり。
オッズの妙味も考えて2番手評価は⑫エイコーンパス、3番手は②ルスナイスナイパー。
で単勝④ 馬連④-⑫1点 3連複②-④-⑫1点 3連単④-⑫-②1点 資金配分は単はもちろん、3連複厚めでしょうか。

あとは買い目だけ。
土曜京都1R 3連複1点③-⑤-⑭
土曜東京10R 3連複1点⑤-⑨-⑩ ここはちょっと欲張って馬単⑩-⑨ 3連単⑩-⑨-⑤もちょっぴり。

ついでに重賞も。
土曜福島11R 3連複1点④-⑥-⑦ 馬連1点⑥-⑦ これは当たるような気がしませんねぇ。

最後に、21日日曜日なら東京1R 馬券圏内を争うのは前走中山の同レース2、3着のラルゴスパーダとカフェシリウス、そして逃げて強い競馬を見せたナムラマンジロウでこれはタイムもよし。
まずはこの3頭で決まると見ました。
オッズと未出走組の気配が気になりますが、三連複1点で勝負です。

今週の格言「馬券を買わなければ絶対に負けない」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.