日刊大衆TOP 娯楽

東京巧者ルルーシュ巻き返す

ネコタイショウは菊花賞になぜ参戦したのだろう?いなければ菊花賞の歴史は違った結果だったかもしれません。

というのも、菊花賞には「何が何でも逃げる」と公言していたバンデが出走。ネコタイショウも逃げるのみ!と対抗。距離が6F戦であれば理解できますが、歴史と伝統の菊花賞3000㍍。ガチンコで先行争いを演じたらネコの失速は火を見るより明らか。

兵庫特別で衝撃的な逃げ切り勝ちを決めたバンデ。本物のステイヤー出現に歓喜したものですが、菊花賞ではネコタイショウに執拗に絡まれたバンデは、そのプレッシャーが影響し3着。一方、ネコは大差負け。単に邪魔しただけ?

さて今週は「アルゼンチン共和国杯」芝2500m。

ハンデが微妙ですが、人気は小倉記念をレコード勝ち、続くオールカマーが2着と本格化著しいメイショウナルト。

休養明けのオールカマーは9着も、昨年このレースで2着、今春の目黒記念をレコード勝ちのムスカテール。京都大賞典4着のアドマイヤラクティなどが有力。

ここはルルーシュに食指が動きます。前走の札幌記念は大差のブービー。厳しい結果でしたが、重馬場に足を取られてまるで競馬にならず。昨秋のアルゼンチン共和国杯優勝馬。東京で6戦4勝2着2回と連対パーフェクト。当然ながら巻き返して来るはずです。

※次週の当コラムは休載させて頂きます。

東京巧者ルルーシュ巻き返す

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.