日刊大衆TOP 娯楽

破壊力抜群エキストラエンド

前開催、中山競馬の最終日はこのコーナーでも指摘したように差し追い込み馬が殺到。AJCCも大外から追い込んだヴェルデグリーンが優勝。直線では中央から内が伸びず、外を通った馬がゴール前で一気に押し寄せました。

そして東京は中山とは打って変わって“絶対イン有利”。直線で大外に出せても経済コースをピッタリと走った馬に分があります。

ちなみに昨年の東京新聞杯が、4角で最内を通ったクラレントを筆頭に、ダイワマッジョーレ、トライアンフマーチ、レッドスパーダと上位4頭が最内狙い。ゆえに良馬場ではできるだけ枠順が内側に入ること。これがポイントです。
 

さてその「東京新聞杯」ですが、昨年の優勝馬クラレントが登場します。今回も好位置で折り合うと有力。昨年は逃げて写真判定の4着だったレッドスパーダが今年も見参。流れを作りそうです。またジャパンカップで見せ場を作ったヴィルシーナに、東京マイルGIヴィクトリアマイル1、2着のホエールキャプチャ。マイルCS3着のダノンシャークと虎視眈々。

穴党は切れ味重視。京都金杯を制したエキストラエンド、ポン駆けに強いショウナンマイティ。そして勢いに乗るサトノギャラント。この3頭で内枠が引いた馬が不気味です。

その中ではエキストラエンド。京都金杯は最後方からラスト33秒5の破壊力。充実期です。

破壊力抜群エキストラエンド

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.