日刊大衆TOP 娯楽

急成長ベストウォーリア!

2月8日の関東地方は数十年ぶりという記録的な大雪に見舞われて、各交通機関は軒並みストップ。停電も発生してライフラインもマヒ状態になりました。

この日の東京競馬は中止。そして翌日曜も開催不可能と発表。1000人近い人海戦術で除雪作業が行われました。一人当たりの日当を考えると莫大な金額です。厳寒期開催の難しさがあります。

そこで、2月の厳寒期はシーズンオフを、という声が聞こえてきます。私もその一人。赤字覚悟で開催続行する意義を見出せません。馬主の皆さんは大反対でしょうが、競走馬のためには絶対いいのです。

さて、今週はGI「フェブラリーS」です。
 

今年は例年になく強豪が揃い踏み。ジャパンカップダートを制して目下3連勝と破竹の勢いを見せているベルシャザール。東京大賞典、川崎記念と連勝中のホッコータルマエ。同じ大将格のニホンピロアワーズにワンダーアキュート。根岸Sを力強く抜け出したゴールスキー。

で、穴党の注目馬はアドマイヤロイヤルとベストウォーリアです。

なかでも不気味なのがベストウォーリア。今回は中1週の強行軍。4歳馬で一戦毎に急成長中です。武蔵野Sではベルシャザールと0秒1差という大熱演。当時よりも馬体が一回り大きく成長。それが前走のすばるSでのレコード勝ち。この4歳馬の勢いに乗りませんか。

急成長ベストウォーリア!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.