日刊大衆TOP 娯楽

外国人騎手か地方出身騎手

「外国人騎手」や「地方競馬出身騎手」。

 彼らが、秋の天皇賞の激走枠の目印になっていることは間違いない。

 きっかけは、平成15年の秋の天皇賞だった。勝ったのは、ペリエがまたがるシンボリクリスエス。天皇賞をカタカナ名の騎手が勝ったのは春秋を通じて、これが初めてのことだった。

 以来

外国人騎手と地方競馬出身騎手が、秋の天皇賞で9年も続けて激走枠の目印になっているのである。

 平成16年はペリエ騎乗のゼンノロブロイが1着。

 平成17年は、安藤勝騎手の同枠にいたヘヴンリーロマンスが1着。

 平成18年は、安藤勝騎手のダイワメジャーが1着。

 平成19年は、柴山騎手の同枠にいたメイショウサムソンが1着。

 平成20年は安藤勝騎手のダイワスカーレットが2着(ウオッカと歴史的な接戦を展開した、あの天皇賞であります)。

 平成21年は、スミヨンの同枠にいたカンパニーが1着。

 平成22年は、スミヨン騎乗のブエナビスタが1着。

 そして、昨年、平成23年は、ピンナ騎乗のトーセンジョーダンがレコードで勝利をさらっているのだ。

 そして、2着に来たダークシャドウも、ベリー騎手への乗り替わりだったのである。

外国人騎手か地方出身騎手

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.