日刊大衆TOP 娯楽

「ストトン」で年寄り歓喜

 年寄りだからこそ取れる馬券というのがある。
 たとえば昨年5月27日(日)、東京1Rの外枠に出現した「ストトン」という暗号。
 7枠       グレ『ン』
  〃       クロ『ト』
 8枠   インディライ『ト』
  〃  サニーサイレン『ス』
 

〈すととんぶし(すととん節)大正末期の流行歌。1924年(大正13)封切の映画『ストトン』で広まる。「すととん」という囃子詞(はやしことば)から出た名称〉
 ♪すととん すととんと通わせて・・・ ・・・。
 この歌は、戦後になってもラジオからしばしば聞こえてきたから、年寄り世代はみんな知っているのである。
 暗号「ストトン」が出た以上、すととん節(ぶし)というくらいだから、ぶし沢(武士沢)がくさい。
 そう考えた年寄り世代は、このレースで4番人気になっていた武士沢騎乗アナコンダの単複買いに走ったのではないか。
 そして、出遅れたアナコンダの直線一気が決まり、単勝1540円、複勝570円、「いやあ、ストトンを知っててよかった」と歓喜したに違いないのであります。

「ストトン」で年寄り歓喜

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.