日刊大衆TOP 娯楽

今年の宝塚記念は満月

 もし不良馬場になって、人気馬がみな大外を回るなか、人気薄のタニノエポレットが最内を突いて3着にまぎれ込んだら、3連単、3連複、ワイド、どれも大万馬券だろうなあ。

 出たらシンガリ人気が予想されるタニノエポレットは、一昨年、不良馬場で行なわれた芝2400㍍八瀬特別で、最内を突いて差し切りを決め、断然人気のギュスターヴクライを破った大駆け実績を持っている。
 良馬場では、おそらく出番なし。勝ち鞍が1000万下まで。重賞で[0003]という成績だから、GI初挑戦のここは単勝オッズが軽く100倍を越すだろう。
 グレード制がスタートした昭和59年以降、宝塚で単勝オッズが100倍以上だった馬は延べ62頭おり、[00062]という結果に終わっているのだが、単勝オッズが高かった上位3頭と、その成績は以下のとおり。
平成11年 スターレセプション
587・3倍 12着
平成22年 マキハタサイボーグ
402・8倍 17着
平成10年 ホウエイコスモス 
392・7倍 13着
 タニノエポレットは、これらの上を行く人気薄になるのか。
 ちなみに、レース当日は満月。タニノエポレットを管理する村山明調教師は、名前の「明」の中に“月”が入っている点で、タニノエポレットが激走枠の目印になる可能性は十分にある。

今年の宝塚記念は満月

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.