日刊大衆TOP 娯楽

「八重の桜」でこんな大穴

 どこかに「サクラ」はないか。
 おそらく、新理論好きはみな、目を皿のようにして出馬表をなめまわしたのではないか。
 8月11日(日)、小倉競馬の第6レース。
 ダート1700㍍で行われるサラ3歳の未勝利戦で、8枠両馬の頭文字がヤエになっていたのだ。
 

 14番 エーシンタヒチ
      ̄
 15番 ヤマノレガロ
      ̄
「ヤエ」といったら、今誰もが「八重の桜」を思い出すに違いない。NHKの、ご存知、大河ドラマである。
 だから、出馬表にヤエという暗号を見つけて、みな、サクラを探し始めたのだ。
 そうしたら、いたのである。
12番レガリテートの父がサクラバクシンオーだったのだ。
             ̄ ̄ ̄
 しかし、まるっきりの人気薄。そりゃ、そうだ。デビューが遅れ、同期の馬たちによる日本ダービーもとっくに終わった、今年6月30日に未勝利戦でデビューしたばかり。しかもそのデビュー戦というのが、シンガリからわずかに差を詰めただけ。勝ち馬から2秒5も離された大差負けだった。
 ここは2戦目。はたしてどんなレースをするのか、まず無理だよなあと思っていたら、この馬が好スタートを切って先行、3着に粘ってしまったのである。上位は1、2番人気だったのに、3連単は160倍超。驚くよなあ。

「八重の桜」でこんな大穴

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.