日刊大衆TOP 娯楽

「静かなアメリカ人」がいた

「ああうるせー」

 そういう暗号が出馬表に刻まれていたことがある。

 9番  ポイントパイパー
             ̄
10番   モンドクラッセ
             ̄
11番   ピークドラペル
             ̄
12番 キスカラハジメヨウ
             ̄  
13番 ペイシャンスアリア
             ̄   
14番      ライロア
             ̄

ご覧のとおり、馬名の尻文字をつなげて読むと、「ああうるせー」だったのだ。昨年12月7日(土)、中山第7Rの2歳新馬戦である。

当然、このレースでの狙い目は、「ああうるせー」とつぶやいている馬ということになる。
つぶやいているのは、どの馬なのか。
 

名前と血統をじっくり見ているうちに、ああこの馬だなとピンときた。13番のキスカラハジメヨウ。この馬の母の父が、出馬表に「クワイエットアメリカン」と書いてあった。

QUIET・AMERICAN。すなわち、静かなアメリカ人である。アメリカ人は世界中でノイジー・アメリカン(うるさいアメリカ人)と呼ばれているのに、それとまったくの反対。

静けさを好むこの血が、ああうるせーと言わせているのだろうと思ったら、案の定だった。キスカラハジメヨウは上がり最速で追い込んで2着したのだ。

世の中同様、出馬表もつぶやきに溢れてるんだよなあ。

「静かなアメリカ人」がいた

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.