日刊大衆TOP 娯楽

大阪杯、ダービー卿CT…スターホースたちが激走!

【阪神10R マーガレットS OP 芝1400m】
 まずは、3歳若駒のオープンレースから。予想される展開順に、注目ホースを見ていこう。

<逃げ・先行>
③ワキノブレイブ 伏兵として侮れない。

<好位>
⑬エールブリーズ 地力上位の存在。

<差し・追い込み>
⑯プレイズエターナル 素質高いものの、1F長いかも。


【中山10R 伏竜S OP ダ1800m】
 続いて、3歳のダート戦。砂のスター候補生たちが集った!

<逃げ・先行>
⑨サトノプリンシパル ダートでは底を見せていない。

②インカンテーション 前走は圧巻だった。

<好位>
⑤マイネルクロップ 一線級と渡り合った力が物を言う。

<差し・追い込み>
⑫ソロル 堅実だが、中間が軽すぎる。

 過去5年を振り返ると、8枠5頭、7枠4頭と外枠有利の傾向が出ている。
 

【阪神11R 大阪杯 GⅡ 芝2000m】
 スーパークリーク(90年)、トウカイテイオー(92年)、メジロマックイーン(93年)、ダイワスカーレット(08年)など、歴史的な名馬たちが快走劇を繰り広げた。今年も、豪華メンバーが出走している。

<逃げ・先行>
⑥トウカイパラダイス 有力どころが牽制し合えば前残りも。

<好位>
⑭ヴィルシーナ 力は通用する。調整軽目が気になる。

<差し・追い込み>
⑤オルフェーヴル ここは役者が一枚上。

⑫タガノエルシコ 8歳馬だが、順調度で一発狙う。

 枠番では、5枠と8枠が3年連続馬券になっており、要注意だ。


【中山11R ダービー卿CT GⅢ 芝1600m】
 サクラバクシンオー(94年 当時は6F)、ブラックホーク(98年)、ダイワメジャー(05年)といった優駿が、勝ち馬に名を連ねるGⅢレース。マイルの熱戦から目が離せない!

<逃げ・先行>
⑬トウケイヘイロー 手ごろなHで虎視眈々。

<好位>
⑯ネオヴァンドーム 力量はそう差がない。

<差し・追い込み>
⑪オセアニアボス 昨年2着。あまり甘く見ると。

⑮リルダヴァル そろそろ、重賞勝っても不思議ない。

 同馬主複数出しの法則から、キャロットとサンデーの馬が2頭づつ出ているのでチェックしておきたい。

大阪杯、ダービー卿CT…スターホースたちが激走!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.