日刊大衆TOP 娯楽

今年のクラシックは面白い!弥生賞ほか特別戦を攻略!!

【阪神10R 仁川S OP ダ2000m】
 ワンダーアキュート(11年)、ゴルトブリッツ(12年)と、このところGⅠ級の馬が激走している阪神ダートのOPレース。さっそく、予想される展開順に、注目ホースをチェックしていこう。

<逃げ・先行>
⑫メテオロロジスト 前走まんまと逃げ切った。ここも単騎。

<好位>
⑨グランドシチー このメンバーでは地力が一枚上。

<差し・追い込み>
⑩フリソ そこそこ差し込んでおり、注意が必要。

 過去5年を見てみると、5枠が5頭馬券に絡んでいる。また、川田将雅騎手が2勝(10、12年)しており、要警戒だ。


【阪神11R 大阪城S OP 芝1800m】
<逃げ・先行>
⑯ミキノバンジョー 4カ月開き、調整は今一歩。前でどこまで。

<好位>
⑨リルダヴァル 能力の高さを発揮できれば、アッサリも。

<差し・追い込み>
⑪アドマイヤコマンド 半年以上のブランクながら、悪くないデキ。

⑩ゴールスキー マイルCS3着馬(10年)。3カ月ぶりでも。

③タガノエルシコ コンスタントに末脚を使う。

 同馬主複数頭出しの法則から、近藤利一氏とターフスポートの馬が2頭ずつ出走。注意を払っておきたい。


【中山11R 弥生賞 GⅡ 芝2000m】
 

 ミスターシービー(83年)、シンボリルドルフ(84年)、スペシャルウィーク(98年)、ディープインパクト(05年)、ヴィクトワールピサ(10年)など、スーパーホースたちが快走劇を見せた伝統のGⅡ戦。今年も、キラびやかなスター候補生が名乗りを上げた!

<逃げ・先行> 
⑨バッドボーイ 体が絞り切れないが、うまく逃げれば。

⑫エピファネイア 素質を発揮し、4連勝なるか。

<好位>
⑤マイネルクロップ 前走ダートで圧勝。ここでも一発狙う。

③コディーノ 直前追い軽く、中山もあまり得意でないかも。

<差し・追い込み>
⑧カミノタサハラ 使ってきた強みで首位を窺う。

 ここは、サンデーレーシングの馬が2頭出し。ジョッキーでは、武豊騎手が活躍しているので、念頭に置いておこう。

今年のクラシックは面白い!弥生賞ほか特別戦を攻略!!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.