日刊大衆TOP 娯楽

GⅠの前にひと稼ぎ! 土曜のダイヤモンドSを紐解く

馬券PC




先週は、クイーンCでひと儲けできた。今週も面白いレースが目白押し。日曜には2013年一発目のGⅠが行なわれるが、その前に土曜の重賞で馬券をゲットし、明日へ繋げていきたい!
 

【東京11R ダイヤモンドS GⅢ 芝3400m】
 長丁場の重賞レース。思い出深いのは、95年のウィナー・エアダブリンだ。同馬は、ダービーで怪物・ナリタブライアンの2着に入り、菊花賞でも3着するなど活躍した。兄弟にはダンスインザダーク(96年菊花賞)、ダンスパートナー(95年オークス)、ダンスインザムード(04年桜花賞)がおり、ダブリン自身はGⅠを勝てなかったものの、名バイプレーヤーとして印象に残っている。

 では、今年の注目メンバーを、予想される展開順に紐解いていこう!

<逃げ・先行>
⑦エーシンジーライン 経験豊富。一週前が軽いのは気がかり。

⑯メイショウカドマツ 3歳時に重賞で活躍。流れに乗れば。

<好位>
⑤フォゲッタブル 10年の勝ち馬ながら、衰えは隠せない。

<差し・追い込み>
⑮アドマイヤラクティ 3400mは少々心配だが、実力で3着内には。

⑭ファタモルガーナ 間隔が開いて調整過程に不満が残る。

④ノーステア 上昇度で食い込みを狙う。

⑥ジャガーメイル 香港のGⅠで2着。ただ、9歳で58・5㎏は厳しい。

 過去5年をチェックすると、ハンデ戦だけに53kg以下の馬も活躍し、56kg以上は3頭しか馬券に絡んでいない。年齢では4歳が8頭、脚質は7番手以降の差しが9頭とリードの傾向。また、長距離戦においては、マラソンランナーのようなスマートタイプが有利だといわれているが、500kg以上の大型馬も7頭馬券になっているので、要注意だろう。

GⅠの前にひと稼ぎ! 土曜のダイヤモンドSを紐解く

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.