日刊大衆TOP 娯楽

日経新春杯、ニューイヤーSをズバリ攻略!

昨日は若駒のレースをピックアップしたが、日曜は古馬戦線をヒモ解いていこう!
 

【中山11R ニューイヤーS OP 芝1600m】
 マイルのメイン競走に多彩な面々が揃った。03年には「名刀」デュランダルが勝っているレースだが、11年、12年と③コスモセンサーが制しており、今年3連覇がかかる。

 人気になりそうなのは、能力を秘めた⑭フレールジャック。ただ、全幅の信頼までは置けまい。はたまた、⑬タマモトッププレイも3連勝して素質開花を見せている。

 そして、Gレースの常連④シルクアーネスト、復調気配を漂わす古豪⑥オセアニアボス、馬券妙味タップリの⑦ネオサクセスに赤丸チェックしておきたい。

 過去5年を調べたところ、1枠の馬が4連対と活躍しており、警戒しておくべし!
 

【京都11R 日経新春杯 GⅡ 芝2400m】
 メジロブライト(99年)やステイゴールド(01年)、ルーラーシップ(11年)、トゥザグローリー(12年)など、GⅠレベルの優駿が駆け抜けた伝統のGⅡ戦。今回は、安定性から①ムスカテール、⑭ダコールが票を集める雲行きだ。しかし、両馬ともに間隔が開いた上、中山の成績もイマイチときている。

 それならば、初の2400m戦は未知ながら、GⅠでも好走した牝馬の⑮オールザットジャズ、好位抜け出しを図る③トウカイパラダイス、斤量54㎏で一発が恐い⑥サトノパンサーあたりから、馬券を組み立ててみたいところである。

 過去5年では、3着以内の15頭中9頭が6~8枠で、外枠有利の傾向。また、4歳と5歳が13頭を占めており、6歳以上は苦しいデータが出ている。

日経新春杯、ニューイヤーSをズバリ攻略!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.