日刊大衆TOP 娯楽

マイルCS、福島記念、特別戦から平場まで怒濤の好レース!

日曜は、実に面白いレースが目白押しだ。まず、平場の一般競走から狙い撃つ!!

【京都6R 500万 芝1200m】
 2歳の平場戦に、GⅢ3着の⑦ティーハーフがエントリーしてきた! ヒモとして、GⅢで5着した②スイートドーナッツ、中央初戦でそこそこだった③ハイマウンテンを押さえておこう。


【東京9R からまつ賞 芝1400m】
 こちらも2歳の500万条件。実績的には、OPのダリア賞で2着に入った③エフティチャーミー、同3着⑥リアリティーが上位と見る。あとは、昇級の②ラインミーティアを。


【福島11R 福島記念 GⅢ 芝2000m】
 福島に組まれたローカル重賞も、エキサイト必至の一戦だ。

 地力では、オールカマー2着の⑥ダイワファルコン、七夕賞馬⑪アスカクリチャンだが、重賞でまずまず頑張っている⑫ミッキーパンプキンや逃げの粘り腰⑤ケイアイドウソジン、超久々を鮮やかに勝った⑦デルフォイも侮れない。

 そして、枠番に着目すると、過去5年で3枠が3勝している。赤丸チェックしておきたい。


【東京11R 霜月S OP ダ1400m】
 東京のメインレースにも目を移してみよう。ここでは、堅実に上位を賑わす⑬マルカベンチャー、前走1年半近いブランクながら3着した⑮メテオロロジスト、昇級2戦目で前進が見込める⑫シセイオウジから、馬券を組み立てるべし。


【京都11R マイルCS GⅠ 芝1600m】
 さあ、いよいよ、本番のGⅠレース・マイルチャンピオンシップだ!

 名刀の切れ味・デュランダル(03、04年)や世界のマイル王となったタイキシャトル(97、98年)、国民的アイドルのオグリキャップ(89年)、80年代を代表するマイラー・ニホンピロウィナー(84、85年)などなど、あまたの名勝負が繰り広げられてきた。

 今年は、安田記念ウィナーの⑬ストロングリターンを中心に捉えるが、先行して粘り込む⑤コスモセンサー、好位から食い下がる⑨ガルボ、3歳牝馬⑮アイムユアーズといった穴どころでも、十分勝負になるはずだ。

 過去の傾向を振り返ると、過去3年で7枠が5頭馬券になっているので要注意。

 また、同馬主が多頭数出ししている場合、どれかが馬券に絡むことが多い。キャロットと社台の馬がともに3頭ずつ出走しており、警戒しておくべきだろう。

マイルCS、福島記念、特別戦から平場まで怒濤の好レース!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.