日刊大衆TOP 娯楽

イキがいい2歳戦を攻略し、最終Rへの道しるべ

今週は、祝日の月曜も競馬が行なわれる3日開催だが、その初日でしっかり馬券をゲットしておきたいところ。10月6日(土)の出馬表を見渡すと、2つの2歳特別戦が組まれた。最終Rの前に、フレッシュな若駒たちのレースに注目しよう!

まず、

東京9Rのサフラン賞(芝1400m)。ここは、OPでそこそこに走った⑬シーブリーズライフ、⑤モーニングムーンあたりが面白い存在だ。

そして、京都のメインレースでは、GⅡ・デイリー杯2歳S(京都芝1600m)が施行される。マイル重賞で好走した⑫サウンドリアーナや2戦2勝の①マイネルエテルネル、伏兵の⑥カオスモス、未勝利戦を圧勝した⑪ダンツアトラスなど、実に興味深いメンバーが揃った。イキがいい2歳戦線を攻略して、怒濤の最終レースを迎えるべし!


【京都12R 500万 ダ1400m】
このレースは、非常に混戦のメンバー構成となったが、地方帰り初戦で格好をつけた⑧ゴールドディガーを中心にとりたい。あとは、③ペガサスヒルズの差し脚一閃、休養明け叩き2走目の②ワイルドフラッパーにも注意を払っておこう。

◎⑧ゴールドディガー
○③ペガサスヒルズ
▲②ワイルドフラッパー


【東京12R 500万 芝1600m】
一方の東京最終レースでは、重賞戦線で活躍した3歳馬⑦ゴールデンナンバーと⑨シャンボールフィズの2頭が、一歩抜けた存在だろう。近走安定している⑭カシノスターライトを連下に。

◎⑦ゴールデンナンバー
○⑨シャンボールフィズ
▲⑭カシノスターライト

イキがいい2歳戦を攻略し、最終Rへの道しるべ

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.