日刊大衆TOP 社会

持ち歌&歌唱力を全公開!政治家30人永田町紅白歌合戦 vol.05

[週刊大衆12月23日号]

自民党幹事長-石破茂(9)
『春一番』キャンディーズ
47点
総裁選で安倍首相の最大のライバルとなり、首相側近に警戒されているため、幹事長ながら白組からの出場。白目をむいてキャンディーズを熱唱するが、十八番の"春一番"は当分吹かないかも。

自民党広報本部長-小池百合子(8)
『涙そうそう』夏川りみ
78点
総裁選では石破氏を担いだため冷や飯。安倍首相は彼女が大嫌いとも。「♪晴れわた~る日も、雨の日も、浮かぶあの笑顔……」は石破幹事長の個性的な顔だったりして。元キャスターだけあり美声。

元首相-小泉純一郎(12)
『Tears』XJAPAN
67点
相次ぐ「脱原発」発言で紅組の政権幹部とは反目。XJAPAN好きは有名で、かつて選挙の際の党のCMにこの曲を使おうと考えたほど。歌はあまりうまくないが、ステージに上がるだけで絵になる男。

復興大臣政務官-小泉進次郎(2)
『One more time,One more chance』山崎まさよし
89点
安倍政権は人気のある進次郎氏の動きを牽制すべく、党青年局長から復興大臣政務官に就けたが、父・純一郎氏に同調して白組からの出場。一発逆転を狙い、曲目どおり"ワンモアチャンス"に賭ける?

元自民党幹事長-古賀誠(10)
『花と竜』村田英雄
55点
いまだに派閥の会合に出席し、"打倒安倍"の演説をする生臭OB。携帯着メロも一時これにしていたほどの思い入れ。歌唱力はまあまあだが、あの顔で『花と竜』を熱唱されたら……という声が続出。

日本維新の会共同代表-橋下徹(0)
『ドライフラワー』ZERO
70点
08年5月に大阪民団が主催した集会にゲストで出席し、韓国人歌手ZEROの持ち歌を熱唱。ただし、これは慰安婦問題で噛みつく前の出来事。歌は場数を踏んでいるためか、ノリ、テンポがよく上手。

日本維新の会・参院議員-アントニオ猪木(2)
『ラバウル小唄』軍歌
64点
ヒラ議員ながら、その存在感を請われての出場。単独で北朝鮮を訪問し懲罰動議を受けたがどこ吹く風。軍歌が大好き。デュエットする際は『白いブランコ』が定番だとか。音感はよく低音が響くとの評。

みんなの党前幹事長-江田憲司(4)
『みんなの歌』サザンオールスターズ
79点
桑田佳祐のファン。サザンの曲ならたいてい歌えるという。ちなみに現在の党名はこの曲を参考に江田が名付けた。ただし、秘密保護法案の採決で造反し離党寸前。名付け親が"みんな"を捨てる?

前首相-野田佳彦(6)
『思えば遠くへ来たもんだ』海援隊
50点
出場者の中で彼ほど選曲の似合う政治家はいない。「♪思えば遠くへ来たもんだ~」の歌詞のとおり、与党時代は遠くになりにけり。どこか土臭さが抜けない曲を選ぶあたり、ドジョウらしさ全開だ。

元官房長官-枝野幸男(7)
『ズルい女』シャ乱Q
99点
学生時代に合唱コンクールで優勝。持ち歌1200曲を誇り、永田町きっての歌うま政治家!官房長官時代には原発事故問題で不眠不休状態。和田アキ子の『あの鐘を鳴らすのはあなた』も絶品だとか。

生活の党代表-小沢一郎(15)
『傷だらけの人生』鶴田浩二
60点
自民党時代の持ち歌は、和田弘とマヒナスターズ&多摩幸子『北上夜曲』。いまでは、「♪何から何ま~で真っ暗闇よ~」の歌詞がピッタリくるのか、持ち歌がこの曲に変わった。しんみりと歌いあげる。

参院議員-山本太郎(初)
『F.A.P.P』沢田研二
73点
天皇陛下への直訴では議員の資質が問われた。反原発で共闘するジュリーこと沢田研二の新譜で、歌詞に「BYE、BYE原発」がある『F.A.P.P』がお気に入り。公人は「勝手にしやがれ」とはいかない。

新党大地代表-鈴木宗男(8)
『大空と大地の下で』松山千春
46点
もちろん、歌うはこの曲。同じ北海道名寄出身の盟友・松山の歌だ。広大な北海道の大地を背景にした歌で、党名にもなった。情感こめて泣きながら歌うため迫るものはあるが、うまいとは言えない。

元首相-鳩山由紀夫(8)
『鳩』童謡
37点
自ら進んで歌うことはないが、会合で若手議員に乞われて歌うのがこれ。笑いを取ろうとしているようだが、真面目な顔で「♪鳩ぽっぽ~」とやるものだから周囲はドン引き。まさに宇宙人的発想だ。

みどりの風・衆院議員-亀井静香(12)
『兄弟仁義』北島三郎
40点
赤坂の有名な高級料亭に生バンドを入れて熱唱。金屏風を背に日本酒片手で、あらん限りの声を出して叫ぶように歌う。もはや採点不能。最近、政界でおとなしくしているから、そのストレス解消か?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.