日刊大衆TOP 娯楽

府中コースの直線を差し切る!ショウナンマイティ大本命!

ショウナンマイティが直線一気に差し切る。

 今シーズンの2戦に確かな地力強化が見て取れる。長期休養明けの京都記念は、まともに引っ掛かって向こう正面でハナに立つ異例の競馬。それでも直線は粘りに粘ってコンマ3秒差3着。勝ち馬は天皇賞・春2着のトーセンラーだ。前走の大阪杯もオルフェーヴルに半馬身差に迫る2着。32秒9のレース上がりはメンバー最速だった。
 昨シーズンはGⅠ級が揃っていた大阪杯を制し、宝塚記念でも3着。GⅠでも通じる実績を積み上げていたが、今春はそれ以上の地力アップぶり。たくましくなった馬体にも、それは出ている。陣営からも「やっと完成されてきた」との見解が聞かれるが、柔らかい身のこなしで、とにかく調教での反応が鋭い。
 坂路調教に、左回り調教の日曜日にはCWコースでの追い切りと安田記念へ向けての準備は万全だ。昨年は次点でレース出走がかなわなかったが、今年はレーティング3位で堂々の出走。切れに切れる末脚でGⅠタイトルを手中にする。
 マイラーズC、京王杯SCと東西前哨戦を制した矢作厩舎の2頭が相手本線だ。まず○グランプリボスは典型的な叩き良化タイプだったが、今季は休み明けでいきなり結果を出した。短期放牧を挟んだが、気持ちの入りがいいし、2週前の坂路追いで楽に51秒2の時計が出た。昨年の2着馬は今年も怖い。
 ▲ダイワマッジョーレも前哨戦で勢いをつけての参戦。ゲート練習が実り、好位置での競馬で結果を出したが、もとより7Fよりマイルで持ち味が出せるタイプ。元気いっぱいの中間気配から、今回も要注意である。
 4番手の★はカレンブラックヒル。活気がなくデキも一息に見えた前走でも好内容の4着。苦しさが抜けたか、今回は馬体の張りもよくなってきた。あとヴィルシーナ、サダムパテック、香港のグロリアスデイズが△。ロードカナロアはマイル戦は長いと見て無印。

府中コースの直線を差し切る!ショウナンマイティ大本命!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.