日刊大衆TOP 芸能

ドラマの不発連続 "渡鬼"今夏復活!

[週刊大衆03月19日号]

「ここにきて、急に続編が決まったというんですから、不思議ですよ」
テレビ誌記者がこう話すのは、90年の放送開始以来、シリーズ平均視聴率が20%を超える国民的ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』だ。
「昨年9月、シリーズ最終回を迎えましたが、脚本の橋田壽賀子氏は、打ち切り決定後も"続編をやりたい"と、TBSに希望を伝えていたんです」
だが、TBSは昨年、『水戸黄門』『3年B組金八先生』など、長寿番組の打ち切りを敢行。
ドラマ部門の大幅な改革を行なったため、『渡鬼』続編の要望を蹴っていたという。
「ところが、最近になって、夏にスペシャル番組としての復活が決まったようなんです」(テレビ局関係者)
橋田氏は復活決定を親しい関係者にうれしそうに話しているというのだが、TBSはドラマ枠の一新を図ったはず。
なぜ、ここにきて渡鬼が復活することになったのか。
「TBSは、テコ入れ後、ドラマの目立ったヒットもなく、渡鬼枠の『最高の人生の終り方』は、視聴率が1ケタ台と大コケ。不調の新ドラマに比べ、渡鬼なら安定して数字が取れますからね。今回のスペシャルは、今後いつでもレギュラ
ー化できるようにとの、いわば保険ですよ」(前同)
長寿番組の寿命は、まだまだ延びそうだ。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.