日刊大衆TOP 娯楽

格が違うドリームバレンチノ

函館スプリントSを予想する際に意識すべきポイントは3つある。
 1つ目は、メンバー相互の能力差が大きいということだ。このレースには、GⅠを狙える馬からオープン特別の常連まで、レベル差の大きい馬たちが集まってくる。もちろん能力差を埋めるべく斤量条件が設定されているわけだが、2000万円刻みの賞金別定は、よほどの馬が出てこない限り大きな斤量差にはつながらない。

 2つ目は、函館の芝だ。函館に来る馬はその前走が中央場所の4場か春の新潟であることが多いが、軽くて時計が出やすいそれらの競馬場に対し、函館の洋芝はパワーを必要とする。そのギャップで凡走してしまう馬もいれば、反対に成績を上げてくる馬もいる。
 捕捉すると、馬場だけでなく気候や滞在競馬であることから北海道シリーズを得意とする馬もおり、過去の北海道戦成績は意識したほうがよい。
 3つ目は、牝馬が強いことだ。毎年毎年「サマースプリントシリーズは牝馬が強い」といわれつつ、いざ予想をするときには忘れていたりするもの。軸馬を牡馬にするときも、ヒモには牝馬を入れておきたい。
 ◎は格重視の観点からドリームバレンチノ。昨年はロードカナロアが豪快にイン詰まりしたとはいえ、同馬を破っての勝利はやはり凄いことだ。
 高松宮記念での2着もあり、あまりにわかりやすい本命馬だが、かといってこの馬を外して馬券を組み立てることは難しい。
 昨年以降、三浦騎手が代打騎乗した一戦以外はすべて馬券に絡んでおり、安定感も抜群。斤量の軽い牝馬や3歳馬に出し抜けを食らわされることはあっても、3着を外すことはまず無い。
 ○に牝馬重視の観点からシュプリームギフト。馬券に絡まないレースも着差はそれなりのところに収まるという地味で堅実なタイプだが、洋芝で平坦の短距離戦はおそらくこの馬にとってベストの条件。
 昨年は函館の後半・1000万条件から1↓2↓1着でオープンまで勝っており、北海道シリーズに入って成績が良化する可能性は高い。
 ▲にテイエムオオタカ。うっかりスワンSで好走したために1400㍍も使われてそれが大敗につながったが、ローカルの1200㍍はベストの条件。このレースはカレンチャンと接戦を演じた舞台でもあり、○ともども買い時だ。

格が違うドリームバレンチノ

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.