日刊大衆TOP 娯楽

シャイニーホーク重賞初Vだ

中京記念はレースの施行条件が変わり、それ以前に中京競馬場自体が大きく変わって間もないので、過去のデータが使えない。
とりあえずは、昨年の結果を振り返ってみよう。フラガラッハ、ショウリュウムーン、トライアンフマーチで決まり、人気順としては5、6、10番人気。3連単は23万円台だった。
ただ、この3頭も決して成績が低迷していたわけではない。フラガラッハは前走米子S勝ちで3走前が阪神C3着。ショウリュウムーンは前走米子Sを1番人気で大敗していたが、その前は京都牝馬S2着。トライアンフマーチは休み明けだったが、休む前のレースはパラダイスS1着で、3頭とも近2走にオープン連対があったことになる。
 

一方、人気で馬券に絡まなかったのはダノンヨーヨー、レッドデイヴィス、エアラフォンこれらの馬はいずれも近3走にオープン連対がなかった。
ダノンヨーヨーはこの時点で1年馬券に絡んでいなかったのだが、「ここまで相手関係が楽になれば」と見込まれてしまった形だ。
もう一つ、これは中京芝1600メートルというコースの傾向だが、マイルそのもののスペシャリストが強く、中距離への対応力が必要とされない。
「1400メートルが得意な馬」よりは「1600メートルと1800メートルが得意な馬」のほうがベターではあるが、他場の1600メートル戦よりは1400メートル実績馬に好走の余地がある。
昨年の中京記念でいうと、中距離実績で格をアピールしてしまっていたレッドデイヴィスより、若いときは中距離馬だったが直近で1400メートルを勝っていたトライアンフマーチが先着したわけで、同じイメージを持って予想するのがいいだろう。

◎はシャイニーホーク。まだ重賞勝ちはないが3走前にオープン特別の六甲S1着。昨年の結果を踏まえるとこのくらいの格の馬がちょうど狙い頃になるはず。前走の米子Sは4着だったが上位3頭が出てこない可能性があり、その意味では前走も悪くなかったと解釈できる。

○にリルダヴァル。重賞では少し足りない+京都がベターという印象が強いが、ほかの競馬場でもそれなりに走っている。
1800メートル中心に使われているので◎にはできなかったが、もともとはマイルGⅠで3着している馬。オープン特別1着⇒重賞惜敗⇒中京記念という臨戦過程は先述した内容に合う。

シャイニーホーク重賞初Vだ

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.