日刊大衆TOP コラム

「意外な真実編」第4問

[週刊大衆03月03日号]

「この親にして、この子あり」とか「カエルの子はカエル」と言われたりします。
良きにつけ悪しきにつけ、子は親の特質を受け継いで生まれてきます。
ただし、親の特質のすべてが子に伝わるわけではありません。
遺伝しやすいものと、しにくいものがあります。
最も遺伝しやすいのは、顔の造り、体格、肌の色、頭髪などの身体的特徴です。
父親がハゲていたら息子もハゲる、母親が巨乳なら、娘も巨乳になる確率が高まります。
運動能力や芸術的才能には、際立った遺伝的要素はないようです。
スーパースターの親から生まれた子供が、鳴かず飛ばずで終わることは少しも珍しくありません。
ただ、音楽的才能については、比較的遺伝しやすいと言われています。
頭のよさも、基本的には遺伝ではなく、生まれてからの学習で身につくと考えられています。
どんな親から生まれようと、結局は本人の努力次第ということでしょう。
遺伝についてはまだ未解明な部分も多いのですが、アメリカ・ニューヨーク州立大学の研究では
ある性癖が遺伝しやすいという結果が出ています。
親から子へ伝わりやすい、その性癖とは?

答えはココを押す! 答え : 1

出題:浜川卓也

出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.