日刊大衆TOP コラム

「富士山について編」第3問

[週刊大衆02月17日号]

日本にある富士山は、1つではありません。
○○富士と呼ばれる「郷土富士」の数は、全国で軽く300を超えています。
そうした山の中で、日本山岳会が「日本一低い富士山」と認めているのが、秋田の「富士山」。
秋田駅から歩いて10分ほどのところにあります。
標高は35メートル。
登山口から頂上までの所要時間は数分。
本家に登るのは体力的に不安という人も、この富士山なら大丈夫でしょう。
形が似ている”なんちゃって富士山”は外国にもあります。
たとえばアメリカの「タコマ富士」、フィリピンの「ルソン富士」、南米の「チリ富士」など。
ただし、ほとんどは日本からの移民や旧日本兵が名付けたもので、地元の正式名は別にあります。
トム・クルーズや渡辺謙が出演した映画『ラスト・サムライ』には富士山の映像が出てきますが
ここで使われたのも本物ではなく、なんちゃって富士山のひとつ「タラナキ山」でした。

一瞬、本物と見間違えてしまいそうなこの山がある国は?

1:ニュージーランド
2:カナダ
3:ドイツ

答えはココを押す! 答え : 1

出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

  • 改名で大成功 改名で大成功
  • 雷電の黒星 雷電の黒星
  • 舞浜の由来 舞浜の由来
  • 秀吉のあだ名 秀吉のあだ名

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.