日刊大衆TOP 芸能

カネ、仕事、オトコ 人気女子アナ「春の裏ニュース」ブッチャケ座談会vol.1

[週刊大衆04月02日号]

新年度のスタートとともに、テレビ界の“花”、女子アナたちのスキャンダルも百花繚乱状態となっている模様。
裏側を知る業界関係者が匿名で、美女アナたちの真実をぶちまける!

★★

A(女性誌記者)
この春、一番の注目女子アナは、誰ですかね?

B(制作会社プロデューサー)
4月から『おはよう日本』のスポーツキャスターに抜擢された、NHKの杉浦友紀アナ(28)でしょう。

C(写真誌カメラマン)
“NHK最胸”の呼び声も高く、確かに注目度はナンバーワン。
出演中の『めざせ!会社の星』での、巨乳パツパツの白ブラウスにメガネの“女教師ふう”の衣装がエロくて、親父ファンが急増中だもの。
スポーツ選手なんてイチコロだよ。

D(ヘアメイク)
あの衣装を見ても、NHKが彼女の巨乳をウリにしようとしているのがわかります。


『サタデースポーツ』『サンデースポーツ』のキャスター山岸舞彩(25)も、ヒザ上20センチの超ミニスカで美脚を見せつけて
人気者になっていますし、NHKも変わりましたね。


山岸で気になるのは、昨年後半から、ヤクルトの取材に、やけに熱心だったこと。
“番記者かよ”って囁かれるくらい行っていたとか。


彼女は、09年に1年半務めた『やじうまプラス』(テレ朝系)のレギュラーを降板しているんだけど
その背景に、テレ朝局員との“ただならぬ関係”があったなんて話もあるよ。


なら、“職場恋愛”はお手のもの。すでにヤクルトの選手と恋仲だったりして。


恋の話題となれば気になるのは、3月22日で43歳になるけど、いまだ独身の有働由美子アナですよ。
『あさイチ』で“セックス”って連呼したり、“あ、あっ~ん”と喘ぎ声を上げた“膣トレ”が話題だけど、私生活はどうなのかしら?


いや、男の影はまったくだそうです。
『あさイチ』は朝が早いこともあって、ほぼ毎日、夕方には都内の高級自宅マンションに帰る生活だって。


しかも、週末は実家の大阪で過ごすため、金曜の仕事が終わると羽田に直行するそうです。
一時、某写真誌が張りついたんですが、何も出てこず、取材はすぐに打ち切られたとか。


私も、“親類の子供にプレゼントを渡すのが、唯一の楽しみだ”って、聞いてたけど、実生活はホントに寂しいんですね……。


対照的に先日、ゆずの北川悠仁と盛大な披露宴を挙げた元フジの高島彩(33)は幸せいっぱいでしょう。


仕事も順調ですしね。
ただ、このところ、宗教家の北川の母親との確執が報じられ、いい話題ばかりではなくなってきています。


義母は、彼女の出演番組をすべて見て、“スカートが短い”など、細かく指摘してくるそうですよ。


『週刊大衆』が“退社話”を報じた、中野美奈子アナ(32)に動きはありそう?


2年前に結婚した医師の夫の仕事が多忙になったために、退社し、家事に専念しようと、テレビ界から引退することを決めたようですね。
そろそろ、なんらかの発表があるのでは。


『とくダネ!』の小倉さんとは性格的に合わず、親友の高島さんが一足先にフジを去ったことで、アナウンス室でも会話が減っているとか。
「彼女、この1年で明らかに仕事への情熱を失っている」と、スタッフもいっていましたよ。


ただ、一時代を築いた2人が去っても、カトパン(加藤綾子= 26)やミタパン(三田友梨佳= 24)といった後進が
ちゃんと育ってきているから、フジの“女子アナ王国”の牙城は、いささかも揺るがない。


カトパンはもう別格として、新人の三田アナの評判がいい。
早くもタモリに気に入られていて、『笑っていいとも!』の舞台裏では、彼女に近づこうとする若手芸人から
タモリ自らが“(三田に)近づくな!”とガードしているそうです。


人気者の宿命ともいうべき、“元カレとのラブホ写真流出の噂”も出てきているけど、本当なのかな?


どうなんでしょうね。
でも先日、フジの某大物プロデューサーが、酔っ払って、“加藤(綾子)はエッチが好きだから
呼んだらすぐに来るんだよ”なんて大声でいっていました。
フジの女子アナの噂はそうして流れてしまうんでしょうね。

03月29日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.