日刊大衆TOP 芸能

小泉今日子と 有名美女軍団小泉会酔いどれ武勇伝 vol.03

[週刊大衆02月17日号]

そんないま、小泉会入りを熱望していると言われているのが、元AKB48の板野友美(22)だ。

肝心の飲みっぷりはどうなのか。

「あるファッション誌の撮影時のこと。スタイリストの女性が撮影終了後、缶チューハイをコッソリ飲もうとすると、気づいた板野は"自分だけズル~イ!"と言って、彼女から缶を奪い取るや、350ミリリットル缶をものの5秒で一気に飲み干したそうです。小泉に好かれる豪快さは十分持っています」(前出・女性誌記者)

だが、大ボス・キョンキョンの酒に応えられるかは疑問だ。

なぜなら小泉の"酒豪伝説"は凄まじいからだ。

「22時頃から飲み始め、エンジンがかかるのは深夜3時くらい。"乾杯!"と"飲めよ!"が何度も出てきたら調子のいい証拠。で、後輩たちの弾けっぷりを楽しそうに眺めてはツッコミを入れているとか」(織田氏)

そして朝方近くになると、おもむろにマイクを握り、『潮騒のメモリー』や『あなたに会えてよかった』など、自身の持ち歌を熱唱してくれるという。

さらに、「小泉は一般人とも分け隔てなく飲む。恵比寿の屋台街で、スッピンのまま大ジョッキを豪快に空けていましたからね」(女性誌記者)

1回飲んだら仲間――これが小泉会の"モットー"で、キョンキョンのこの大らかな器が、芸能美女たちを虜にしているのかもしれない。

芸能ライターの三杉武氏は、こう語る。

「大晦日の紅白でのあまちゃんコーナーでも、小泉は"自分だけ目立ちたくない"とほかの共演者を立てていました。姉御肌で面倒見がよい彼女が後輩から慕われるのは当然で、小泉会は今後ますます勢力を拡大していくに違いありません」

小泉会の所属でなければ芸能美女にあらず、そんな空気すら流れそうな2014年。

彼女たちの酔いどれ武勇伝は、一夜ごとに積み上げられていきそうだ。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.