日刊大衆TOP コラム

「日常生活の疑問編」第5問

[週刊大衆01月27日号]

全体的に落ち込んでいるといわれる外食産業の中で、例外的に元気なのが回転寿司。
市場規模は、ここ10年で2倍になっているそうです。
日本だけでなく、外国での人気も上昇。
中国、シンガポール、イギリス、フランス、アメリカ、オーストラリアなど
世界中で寿司がクルクル回っています。
コンベアが回る速度は店や地域によって多少違いますが、標準は秒速4センチ。
これがネタを見極め、皿を落ち着いて手元に取れる最適スピードとされています。
日本初の回転寿司は昭和33年、東大阪市に登場。
当時のキャッチコピーは、「人工衛星廻る寿司」だったとか。
旧ソ連が打ち上げた人類初の人工衛星にちなんで作ったコピーのようです。

西日本で生まれた回転寿司が東日本にやってきたのは昭和43年でした。
最初の店がオープンしたのは、どこだった?

1:仙台
2:銚子
3:横浜

答えはココを押す! 答え : 1

出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.