日刊大衆TOP 芸能

AKB48・前田敦子「卒業」で“ヤラせて!”オトコ行列危機

[週刊大衆04月16日号]

人気絶頂のなか、AKB48のエース・前田敦子(20)がした、突然の“卒業宣言”に芸能界が揺れている。
「彼女なしにはAKB48を語れないくらい、大きな存在です。多くのCMにメインとして出演してますし、これからクライアントとの調整が長引きそうです」(芸能プロ関係者)
ファンならずとも驚いた今回の騒動。これがAKBにとって、大きな岐路になると指摘するのは、アイドルに詳しいテレビ誌記者だ。
「前田なきAKBがどうなるかはもちろん、彼女が個人として成功できるかどうかが、AKBの今後に影響するといえます」
つまり、グループで断トツ人気の前田が個人で活躍できれば、モデルケースができる。そうすれば、その後のメンバーも卒業しやすくなるというわけだ。
「アイドルグループにとって、ファンを飽きさせないための新陳代謝は必須だけに、成功すれば、今後もAKBは安泰です」(前同)
しかし、心配がないわけではない。それは、卒業することで、AKBが掲げる“恋愛禁止”の呪縛から放たれることだという。
「これまでは、“AKBに手をつけると、事務所同士が揉める”として様子見だった俳優やお笑い芸人が、こぞって彼女を狙う可能性が高いですからね」(前出・芸能プロ関係者)
当然、芸能マスコミも、それを熟知しているから、彼女の身辺を探るはず。
「卒業早々に熱愛発覚ではファンに“AKBは卒業すると、なんでもアリになる”というレッテルを貼られ、逆にほかのメンバーが卒業しづらくなります」(前同)
仕事に対してマジメだといわれる前田のこと。そんな心配は杞憂のハズ!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.