日刊大衆TOP コラム

「意外な事実編」第5問

[週刊大衆01月20日号]

暑かったり寒かったりということはありますが、総合的に見ると日本の気候はきわめて温暖。
世界には、日本では考えられないような厳しい環境の地域があります。
世界一の最低気温は、南極ボストーク基地のマイナス89.2℃。
人間が定住している場所では、ロシアのオイミャコンでマイナス68℃が観測されています。
暑さのほうは、イラクのバスラで記録された58.8℃が最高です。
ウンザリするほど雨が降るのはインドのチェラプンジ。
年間2万6461ミリと、東京の18倍もの降雨量を記録しています。
また、ハワイのカウアイ島では、1年365日のうち350日は雨だとか。
雨がほとんど降らない場所もあります。
そのひとつがアメリカ・フロリダ州のセントピーターズバーグです。
この町が持つ記録は連続晴天日数。
雨どころか、雲さえ出ない晴天の日が、いったい何日続いた?

1:586日
2:768日
3:923日

答えはココを押す! 答え : 2

出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.