日刊大衆TOP コラム

「新年のイベント編」第1問

[週刊大衆12月30日号]

新年の幕開けを告げる初日の出、できることなら誰よりも早く拝みたい。
そう思う人も多いはず。
日本で一番早く初日の出が見られる場所はどこでしょうか。
答は日本最東端の南鳥島。
元旦は午前5時27分頃に太陽が顔を出します。
ただし、南鳥島は自衛隊員や気象庁の職員が駐在しているだけの"無人島"。
一般人の上陸はできません。
誰でも行ける場所で最初の夜明けは、小笠原の母島になります。
本土で、もっとも日の出が早いのは富士山頂。
6時42分頃です。
では、島でも山でもない平地ではどこか。
本土の最東端は北海道の納沙布岬ですから
普通に考えるとここが最初に初日の出が拝める場所になるような気がします。
ところが、そうではありません。
冬の太陽は真東ではなく、南東方面から上がるため
最東端より早く日の出が見られる場所ができるのです。

日本の平地で一番早く初日の出が拝める場所は、何県にある?

1:宮城県
2:千葉県
3:和歌山県

答えはココを押す! 答え : 2 犬吠埼で6時46分頃

出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.