日刊大衆TOP コラム

「楽しくなる知識編」第1問

[週刊大衆12月23日号]

事件や事故は110番、火事や病人なら119番に電話する。
これは子供でも知っている常識でしょう。
日本では110番と119番を合わせると、年間1000万件以上の緊急通報があります。
およそ3秒に1回、日本のどこかで異常事態が起きているということです。
ただし、通報の中には緊急性のないものやイタズラもけっこう多いようです。
イタズラ通報はレッキとした犯罪。
公務執行妨害や業務妨害罪に問われると
3年以下の懲役または50万円以下の罰金刑になることもあります。
110番の場合、通報した側が電話を切っても
受けた側が回線を開放しないかぎり接続状態が維持され、呼び返しや逆探知も可能。
遊びのつもりのイタズラ通報で検挙されたケースも実際にありました。
緊急通報は固定電話でも携帯でも、通話料は無料。
電気通信事業法でそう決まっていて、経費はすべて通信会社が負担しています。

日本で利用できる緊急通報番号は110番、119番以外に、もう一つあります。
それは海上保安庁。
海上の事件・事故を受け持っています。
その番号は?

1:114
2:116
3:118

答えはココを押す! 答え : 3

出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.