日刊大衆TOP 芸能

TV各局朝の顔女子アナ「ブッ飛び下半身事情裏リポート」vol.1

[週刊大衆04月16日号]

煌々と輝く満月は人を狼へと変える。
爽やかな彼女たちも、日が暮れるとエロく豹変してしまうのだ!

フジテレビの"朝の顔"中野美奈子アナ(32)が、本誌既報どおり、局を退社することを正式に発表した。
「一昨年3月に結婚した整形外科医の夫に海外赴任の予定があり、中野アナも夫に同行するそうです。退社後もフリーにはならず、家庭に入るつもりらしい。本人も"主人を支えていきたい"と話していましたね」(テレビ誌記者)
本誌のスクープは「3月退社」だったが、後任の人選などもあり、6月退社で決着したようだ。
ともあれ、高島彩に続く中野アナの退社で、ひとつの時代が終わったフジ。
今後、テレビ各局の朝の顔を巡る、裏側の動きが熾烈さを増すことは確実である。
裏といえば、爽やかな朝の顔からは想像すらできない、奔放な夜の顔を持つ美女アナも少なくない。

『スッキリ‼』でおなじみの日テレ・葉山エレーヌアナ(29)は、その代表格。
日仏ハーフの巨乳アナとして知られる彼女だが、最近は奔放な私生活で話題になることが多い。
「なにしろ、この半年間に彼女は4人の男と噂になりましたからね。"男の人とつき合っても2カ月と続かないの"という本人の言葉どおりの展開です。昨年夏に音楽プロデューサーと沖縄旅行。直後にカーレーサーと噂になり、年末には日テレ社員との親密交際が発覚。と思っていたら、今度はIT関連企業に勤務するイケメンと"通い同棲"ですからね」(芸能リポーター)

なんでも、葉山アナは以前は千葉県の実家から通勤していたのだが、最近、都内の高級マンションで一人暮しを始めたんだとか。
そんな解放感もあったのだろう。
さっそく今カレを連れ込んだのはいいが、引っ越してきたばかりで、窓にカーテンをつけていなかったため、彼とイチャイチャする姿が外から丸見えになってしまったのだ。
その"開けっぴろげプレイ"の一部始終を、週刊誌と写真誌が相次いで報じたのは、ご存じのとおり。
「タンクトップ1枚になった葉山アナと、ワイシャツを脱いだ男がハグして、頰と頰を寄せ合う。そんなきわどい場面の連続だったそうです」(前同)
おおらかな彼女らしいエピソードといえなくもないが、当の葉山アナは一連の報道に怒り心頭だったようで、自らのFacebook(ネット上のコミュニティーサイト)に"fuckedup!"と禁断の言葉を書き込む始末。
気になる彼の正体だが、「東大卒の180センチを超す長身で、向井理似のイケメンだそうです。もっとも、葉山アナの周りの人間は誰も、彼と長続きするとは思っていないのが、ちょっと哀しいですけどね」(同)

女子アナ評論家の高島恒雄氏は、こう話す。
「葉山アナは隠し事のできない性格で、恋愛に関しても自由奔放。だからこそ、男との噂がダダ漏れになるんでしょうね」
一方、エッセイストの下関マグロ氏は、
「彼女は男を地位や肩書きではなく、感性で選んでいますよね。女子アナにありがちな計算高さが感じられないのは、いっそ清々しいくらいです」
と葉山アナを高く評価。
バラエティー番組で披露する、ぶっちゃけトークにも定評がある彼女だが、芸能評論家の織田祐二氏は次のようにいう。
「ある番組では"18歳のときにつき合っていた彼氏に買ってもらったエルメスのバッグが、いまだに捨てられない"と話してました。"私、彼の匂いが好きだったなって"と。そんなふうに、意外と乙女チックな一面もあるんですね。ただ"私がスパイシーな意見をいうたびに、いい感じになりかけていた男が、どんどん逃げていく"とも話してましたけど(笑)」

奔放だが、どこか憎めない、"ブッ飛び美女"葉山アナなのである。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.