日刊大衆TOP トレンド

タクシードライバーが紡ぐショートストーリー【第6回】

タクシードライバーが紡ぐショートストーリー【第6回】

もっと画像を見る

大都会・東京。様々な人間の欲望渦巻くアスファルトジャングルで、いつ何時誰にでも利用できる唯一無二の交通手段として存在するタクシー。一般人からセレブ、はたまたフリーターから芸能人まで、ありとあらゆる人たちを乗せて走るタクシードライバーたちと、その乗客をめぐる、心がほっこりするショートストーリー――。

都内でコンピューター関係の仕事をする僕(26歳)は、自他共に認める大のゲームファン。いや、ゲームバカだ。その証拠に、毎年、千葉県幕張メッセで開催される『東京ゲームショー』を見に行くことを何よりの楽しみにして生きてきた。

ただでさえ楽しみで仕方ないのに、今年の僕には、もうひとつ別の楽しみがあった。フェイスブックで知り合った同好の士であるB子さん(23歳OL)が、ゲームショーを見に岡山県から上京してくるのだ。しかも、この僕を頼って。これで浮かれるなというほうがムリな話だ。

学生時代からコンピューターゲームが趣味だった。就職もゲームソフト会社を選んだ。つまり、趣味が高じて仕事になった。一方で、人づきあいが苦手だった僕は、この歳になるまで、ガールフレンドとデートするような機会も経験もなかった。それは、ゲームに情熱を傾けてきた弊害というべきかもしれないが…。

デートすらしたことがないのに、今年の東京ゲームショーをB子さんと見ることになった僕は、いささかテンパったまま約束の日、つまり今日を迎えていた。待ち合わせは幕張メッセのある海浜幕張駅で午前9時。

ところが、である…。約束の時間になってもB子さんは来ていなかった。腕時計に目をやると、既に9時15分だ。若干の不安が頭をよぎる。冷静に考えてみれば、匿名ではないフェイスブックを介してのこととはいえ、SNSでメールのやり取りを交わしただけの相手だ。こういうこともあるのかもしれない…。

不安を払拭するべく、ええいままよと、B子さんの携帯に電話をかける。意に反して、すぐに「もしもし」という返事が返ってきた。聞けば、彼女は彼女で30分前から既に駅に着いており、改札口の前で僕が迎えに来るのを待っているという。初めての人にはよくあることだが、彼女は京葉線の海浜幕張駅ではなく、総武線の幕張駅で待っていたのだ。

慌てた僕は、「すぐそちらに車で迎えに行くので、ちょっと待っててください!」と言うと、駅前で乗客を降ろしたばかりのタクシーを拾った。

「運転手さん、すみません! 大至急、総武線の幕張駅まで行ってください!」
「かしこまりました」

人の良さそうな初老の運転手がタクシーを発進させるのを確認しながら思った。考えてみれば、B子さんにタクシーでこちらに来てもらったほうが手間がかからないはずなのだが、生涯で初めてのデートのチャンスを逃すまいと必死だった僕には、そんなことを考える余裕はなかった。ふとダッシュボードに掲げられた運転手の名前を見ると、「佐々木」と書いてある。

「佐々木さん、なるべく早くお願いします!」

僕の態度にただならぬ空気を感じたのか、佐々木さんは全力で僕を幕張駅まで導いてくれた。

「すみません! すぐ戻りますから!」

幕張駅に到着すると、僕は携帯だけを手に取って、佐々木さんの返事も待たずにタクシーを飛び出した。僕の荷物を車内に残されて佐々木さんが、困惑しているのは見えなかった。

まだ見ぬB子さんの待つ幕張駅の改札口まで猛ダッシュで向かう。頼む、いてくれ! 祈りながら改札口に到着すると、そこには、やや不安げな顔をしたB子さんの姿があった。ここだけの話、実際にこの目で彼女を見るまで、彼女がフェイスブックの写真通りの顔なのか多少不安だったのだが、幸いにも実際の彼女は、それと一目でわかる写真通りのかわいいコだった。

「は…初めまして、Aです。すみません、待たせちゃって!」
「B子です、初めまして。私のほうこそ駅を間違えちゃって、ごめんなさい!」

本来なら感動のご対面だが、タクシーを待たせているのでそうもいかない。そのことを彼女に告げると、ふたりで駅前のタクシー乗り場に向かった。

「ああ、よかった!」

駅前に着くと、僕らの顔を見つけた佐々木さんが開口一番そう言った。

「携帯電話置いていっちゃったから、どうしようかと思ったんですよ。行っちゃっていいものかどうか…」
「そうですよね…。慌てていたばっかりに、すみませんでした!」
「いやー、助かった。ハハハ」
「いえいえ、助かったのは僕らのほうですよ!」

そう言って横を見ると、B子が小首を傾げる仕草で「ねっ」と笑みを返してきた。その姿に思わずキュンとしながら、僕は心の中で改めて佐々木さんに頭を下げた。

※登場人物はすべて仮名です。
※写真はイメージです。

タクシードライバーが紡ぐショートストーリー【第6回】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.