日刊大衆TOP 芸能

“巨乳と美脚”で世の男を悩殺 長澤まさみがエロ露出封印!?

[週刊大衆04月23日号]

「どうやら彼女、本気のようですよ」
こう芸能記者が語るのは、今週13日から、主演ドラマ『都市伝説の女』(テレ朝)が始まる女優の長澤まさみ(24)についてだ。

「ドラマでは“美しすぎる女刑事”を演じる長澤ですが、ここにきて、ドラマ以外でも、そのセクシーさに磨きがかかっています」(芸能プロ関係者)

そんな彼女が“一皮剝けた”のが、昨秋公開された映画『モテキ』でのエロ艶技だった。
「森山未來演じる主人公に、推定Fカップのデカ乳を揉まれるシーンは、映画館全体から生ツバを呑み込む音がするほど、エロかったですね」(前同)

それからというもの、「ブルーリボン賞」の授賞式ではマイクロミニのワンピースで登場し、会場の視線を独占するなど、色香大放出のサービスぶりを見せつけていた。
だが「ここにきて、どうやら肌の露出を抑える意向のようです。というのも、最近、彼女自身が“行き交う男が私のことをイヤらしい目で見てくる”と、こぼしているらしくて……。実際、CM発表の会見や、『モテキ』のDVD発売イベントでもパンツルックで登場。脚すら拝めませんでした」(前出・芸能記者)

どうやら、一時の不振から脱却したことには喜んでいるようだが
エロキャラ扱いされることに抵抗があるようなのだ。
「新ドラマも放送時間が夜11時過ぎだけに、企画段階では露出過多気味の衣装を多くして、お色気路線でいく予定だったらしいんですけどね……」(前同)

あの巨乳と美脚が、再び“都市伝説”にならないことを祈るばかりだ。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.